油入れてみた

1482 letters | 848 views | コメントする

リンパ吸収型のプロホルモンをより効率的に利用できるかもしれないので、油を一緒になめている。
油ってのは元々それだけで口に入れる物じゃないから、気持ち悪いんじゃないかというイメージがあったが、
元来高脂肪食が大好きなあたしにとっては、油だけなめてもおいしさの一要素に感じられた。
なめてる油はグレープシードオイルだが、うまいからこれをプロテインの味つけに使ってみた。



最初にシェーカーで水を汲んできて、次にキャップ一杯の油をたらし、
最後にプロテインの粉を入れて、いつも通りにシェイクする。
シェイクする前は油が大粒で浮いていたので、ちゃんと混ざるかどうか不安だったが、
おそらくプロテインには油を水に溶かすような成分が入っているようで、跡形もなくなってしまった。
で、味はどうかというと、入れた油の量が少なすぎて影響があまりなかった。
でも、一応チョッピリの変化は感じていて、水の味が牛乳に近付いた感じだった。
そりゃホエイって物が元々は牛乳から作られて、油を抜いたいわば脱脂粉乳みたいな物だから、
油と水を足したら、水だけ足すより牛乳に近くなるんだろうなってのは想像がつくだろう。

少なくとも言えることは、少々の油じゃ味付けとしては足りないので、やるならどばっとやるって事だ。
ナイトロコア24は最初から油が添加してあるプロテインだが、そのせいで味は最初からこってりで、
今回自分でホエイに油を足した味と比べると、その何倍も油が入ってると予想される。
油がたくさん入ってるのに粉末ってのも不思議ではあるが。
一応、必須脂肪酸の摂取という名目でもあり、蛋白質の吸収をゆっくりにするという名目でもあり、
しかも味付けとしても使われてるわけだから、一つで三役の油を毛嫌いする事はないが、
予想以上にいっぱい入ってるとわかると、そこまでしなくてもと思ってしまう。
場合によっては、普通に安いホエイプロテインを買って、自分で調節した量の油を足した方がいいかも。

持続性プロテインは油が入ってるだけじゃなく、ホエイ以外のプロテインが含まれているから、
その辺がメリットだと思えればホエイに自分で油を入れるよりいいんだけど、
何しろホエイは売れてるから味が何種類もあって、好きな味に油を足して飲むのもいい。
油が必須脂肪酸なのかどうかにこだわらなければ、自分で油を入れた方が安く付くだろうし。
次回何を買うか、また悩むことになる。

現在、エピスタンは三周目、フラザは四周目で、いよいよ上腕三頭筋がつり始めた。
モモの裏も結構つりそうだが、そっちはまだつってない。
栄養が成長に追いつかないとつるのかなぁと思ってるけど、今月は食欲モリモリで4.5㎏増えてるので、
これで足りないっていったら、実はプロホルモンって想像以上に強力なのかな。
飲んでるプロテインの量もたぶん過去最高だが、この量を一生飲み続ける気はないので、
どこら辺でどのくらいまで減らせばいいのか思案している。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。