勝たなかん

1851 letters | 640 views | コメントする

亀田家の騒動で気になってしまうのは、やはり世論の風向きについて。
去年の夏のランダエタ戦まで、家族一丸となって頑張ってますよという持ち上げ方をし、
あそこでヤクザの誕生日祝い八百長をやって、ようやく逆風も吹き始める。
今回の内藤戦ではその逆風が一気に台風レベルまで大きくなり、
そしてまた逆に、応援の風も現れてきてという、風の変わりやすさが気になる所。
何が悪いことだかわかってる人があまりいないから、悪いかどうかで迷ってる世論が存在するんだよね。
ヤクザが絡んだ八百長をゴールデンでやるっていう点が許せないあたしは、
世論がどう動こうが、一貫して亀田一家の追放を主張する。
親父と大毅は更生の余地すら感じないが、興毅は八百長を認めてあやまれば許してあげたい。
並みの犯罪者じゃ出来ないほどの残虐行為をやった大毅にまで情けをかけるのは不謹慎。



さて、その変わりやすい風向きについて。
どこぞの番組で、親父の書いた本から、勝ったら世間の目が変わるという話を抜粋し、
だから何が何でも勝たなきゃいけないし、勝つためになら何をやってもいいという人なんだと解説していた。
実際の所、ずっと勝ってた大毅が負けて、勝てばリングでカラオケしてた大毅が、
負けたとたんに謝罪会見だの切腹しろだのと急転落してしまった。
もちろん負けたのが悪いのではなく、反則で選手生命を奪って興毅と戦えなくする為に試合したのが悪い。
だが、反則のことだけじゃなく、ゴキブリって言ったとか、切腹って言ったとか、色々言い過ぎて、
逆に何が悪いのかわからなくしてしまって、結果的に、負けたから叩かれたみたいになっちゃったんだよね。
当然あのボケ一家は、次勝てばそれで良いと完全に勘違いした。
一から出直すだって?そんなこと許したらダメに決まってるじゃん。

一家ばかりでなく世論も、まるで負けたからマスコミが一斉に叩き始めたんだと勘違いし、
かわいそうだとか、またチャンスをやればいいだとか、不謹慎な同情をかけ始めている。
牢屋に入るべき人間が、反省しましたと口先だけの挨拶をして、全てチャラになっちゃダメだってば。
それこそ、あの親父が本に書いたとおりの、勝てばなんでも許される社会の典型じゃないか。
勝ったからとか負けたからとか関係なく、不正なことは許されない。
チャンスをやるのであれば、もう不正なことをしないと約束してからだ。
まだ八百長を認めていない興毅も、まだリングに上げちゃいけない。
ところが、なんか上手いこと話が進んで、そのうち内藤VS興毅をやろうとしてるんだよな。
何年か後、宿命のライバルとしてバラエティー番組で共演する姿が目に浮かび、とっても悲しい。

前にも書いたけど、あたしは亀田親父が嫌いだけれども、亀田親父みたいになりたい派で、
現実はとにかく勝たなきゃどうにもならないし、いくら頑張っても負けたら相手にされなくなるよ。
世界に一つだけの花は、ナンバーワンになった時に咲くのであって、
元々特別なオンリーワンでも、咲かないとただの草だと思われて、誰も個性を認めてはくれない。
その花を咲かせることに一生懸命になるって事は、結局ナンバーワンを目指せって事だし。
現実逃避して自己満足してる場合じゃない。
とにかく勝たなきゃ。

4420310146
4420310146

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。