消えゆくキャッシュ

予想通り、またGoogleのキャッシュが1割ほど減った。
現在、日本語のページ103件、ウェブ全体183件だ。
結局の所、キャッシュのあるページは増えたり減ったりしながら100件ぐらいで安定。
12月はたくさん記事を書いたので、キャッシュを消されたインデックスも多い。
新しい記事が追加され、古い記事はURLのみになり、いずれはインデックスもなくなる。



書けば書くほど消えていくシステムなので、くだらないことは書かない方が良い。
ブログ全盛で、誰しもがくだらないページをどんどん増やせる世の中で、
くだらないことは書かせないというシステムってGoogleもさすがだな。
もちろん検索エンジンなんか相手にしなければ、いくらでも好きなことを書けばいい。
くだらなくないページは、よそからリンクされたりするから大丈夫って話だし。

そこで気になるのは、補足クロールが次はいつ来るのかと言うことだ。
メインクロールが行われる条件は、Google側でなければ正確に知ることは出来ないが、
おそらくこれ以上サイト内のメインクロールページを増やすことは出来ないだろう。
だが、補足クロールではyomiでも500ページとか拾われているんだから、
汁ムゴ魚だって全ページをキャッシュさせるチャンスはある。
前回は8月なので、年二回なら来月来るかも知れないし、年一回かもしれないし。
補足クロールのキャッシュは何ヶ月も残っているので、これで構わないんだが。

ついでに、去年から続いている実験について。
Googleサイトマップに書いた隠しページは、まだ検索結果に出ていない。
301転送はやはりサイト外だろうがサイト内だろうが、
リンクされたキーワードを転送先に引き継ぐことが出来ていない。
いや、これも”まだ”と付けるべきか。

4048839101
4048839101

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。