蟹正月

1458 letters | 614 views | コメントする

蟹が好きな人は当たり前に蟹の区別がつくだろうが、
どんな蟹がうまいのか、高いのか安いのか、サッパリわからない人もいるわけだ。



毛ガニはまぁ区別くらいつくさ。
もう何年も食ってないけど、歯で殻を砕きながらきれいに食べれるよ。
足だけじゃなく頭もまるごとで、一気に何匹も食ったりしたさ。
しかしわからないのは、毛ガニじゃない蟹の区別だ。
毛ガニか、毛ガニ以外の蟹か、って区別しかしたことなくて、
毛ガニ以外のどの蟹なのかを詳しく知らないで生きてきたわけだ。

で、正月だからって蟹食おうかと言うことになり、
いきつけのスーパーで「毛ガニ以外の蟹」を買う。
このスーパーは、松茸シーズンでも松茸を売らない典型的なスーパーなわけで、
仕入れたら売れる物であれば仕入れるはずで、ないって事は買う人がいないんだよな。
すなわち、松茸を食いたい人はこのスーパーには来ないよ、って言うくらい物が安い。
そんなスーパーでは高級な蟹なんか置いてないわけで、
買った蟹もそれほど良い物ではないであろうことは、買う前から予想済みだ。
そのスーパーに置いてあったのは毛ガニとズワイガニで、ズワイガニを買った。
それでも久しぶりに蟹を食べて、心から美味しいと思った。

さて次の日、正月だからってわけじゃないけど財布を買いに行った。
そこの食品売り場は、松茸やキャビアが食いたくなった時に買いに行く場所だ。
ワンランク上のサーロインなんかもそこで買う。
前日に蟹食ったばかりだから、どんな高級な蟹が売っているか見学してみる。
もちろんズワイガニも売ってるのだが、となりにあったのはタラバガニ。
そうか、うまい蟹の代表はタラバガニか、値段も倍だな、なるほど、食いたい!
というわけで、この日はなんの迷いもなくタラバガニを食べることになった。
たしかにズワイガニより身が引き締まって、その上に肉厚で食べ応え十分。
二日連続で蟹食いまくりの蟹正月になってしまった。

ようやくタラバとズワイの区別がつくようになったぞ。
これまで「毛ガニ以外の蟹」だと思っていた物はズワイだと言うこともわかった。
ひょっとしたらタラバガニを食ったのも初めてかも知れない。
今思えば、ズワイなんてタラバのニセモノみたいな物だわ。
ズワイで妥協するのも、カニ風味かまぼこ食うのも、どっちもカニ気分でしかないわ。

正月早々、また一つ贅沢を知って後戻りできなくなった。

4061482556
4061482556

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。