関連性のある自動広告

貼ったページのコンテンツと出た広告とを比較して楽しんでいる。
どうも、貼ったページの内容だけじゃなく、近隣リンクも見ているようだ。
汁ムゴ魚内では一言も書いていないようなVST関連がなぜかよく見かける。
それから、不動産がらみの広告もよく見かける。
これは珍々堂とかケンタクの影響に他ならない。
良くできてるなとは思うけど、マッチした広告を出してるなとは言えないな。
いや、マッチした広告であった場合でも、実際どれだけのクリックが見込めるのだろうか。
あたしは普段からアフィリ広告をよけながらWEBを見てる。
きっと、WEBで何か買おうとか言う意識がなく、情報を求めてブラウズしてるからだろう。
あたしと違って、興味のある広告は中身を見て、あわよくば買おうと思って生きてる人いるのかね?
モチロンいないでしょ。
関連広告が出ることで、コンテンツと間違って思わずクリックすることはあるだろうけど。
一般人は広告っぽい部分は目にもとまらない体にできあがっているはず。
ところが、こうしてどんな広告が出るのかを眺めていると、クリックしたくなっちゃうんだよな。
このコンテンツに対してどんなページが待ちかまえているのかも気になるし、
純粋にタイトルが気になって、その先を見てみたいという物もたくさんある。



つまりだ、あたしは広告自体が目に入らない体だが、目に入れば気になる物いっぱいということだ。
あぁ、広告を無視してブラウズする体質でよかったな。
さもなくば、日常的にあちこち寄り道ばかりして、いつまでも目的地にたどり着けないんだろうな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。