老人が老人好みの番組作る

テレビっ子なので気にならなかったが、テレビ番組って老人が仕切ってるな。
ユーチューバーは若くて当たり前で、先輩や上司がいなくて好き勝手にやってる。
はず。
まったくYouTubeを見ないので現状はしらんよ。
その、若者が一人で作った安い動画と、テレビが大金で作った番組があるわけだ。
あたしはもうオッサンだから、テレビにばっかり馴染んでYouTubeは見ない。
しかし今どきの若者は逆に、金のかかったテレビよりYouTubeが好きかも知れない。
なにがテレビになくてYouTubeにあるのかと言う目線で見ると、若さが決定的。
いやもちろんテレビにも若いタレントはたくさん出てるよ。
ただ演者が若くても、若くないお偉いさんが起用してるだけだろ。
まずスポンサーがいて、テレビに広告したいと思ってる企業が若くないだろ。
老人が金を出し、老人が企画して、老人の好きな演者を起用して作ってる。
それをやはり老人が見て楽しみ、そりゃ若者は面白くないからYouTubeでもみるさ。
そしたらさらにテレビの対象年齢が高齢化し、老人の好みに特化していく。
最近、テレビはアニメばかり見てるけど、たまにアニメじゃないのを見て感じた。



テレビ好きな老人達って、他の人もみんなテレビ好きだと思ってる。
家に帰ったらテレビを見るのが当たり前だと思いすぎてる。
いや、いいんだよ、お互いにテレビっ子なら、あの番組を見たかの話題で通る。
週に一回しか釣りに行かない人でも趣味は釣りっていうわけで、
テレビを見ない人にとっては週に一回でもテレビを見る人はテレビっ子なんだよ。
毎日テレビを見てる人は毎日釣りに行く人と同じくらいかたよっている。
でもそう言う人がたくさんいれば、たとえ毎日偏食な趣味をしても当たり前になる。
老人という、毎日テレビを見て、人に会うとテレビの話をする生き物がいるんだよ。
その生き物が喜ぶように番組が作られ、老人がいばって内容がかたよる。
毎日ゲームをやってたら偏ってるけど、毎日テレビを見ても普通だと持論を展開。
毎日やることの中で、どれが普通で、どれが異常か、勝手に格付けして押しつけ。
その辺が気になってきた。

テレビも悪くないはずだったんだけど、その辺は好みじゃなくなってきたね。
アニメは見てるけど。
そしたら茂木健一郎が、偉い人が面白さを決める予定調和に噛み付いてたわけよ。
うん、たしかにそうなんだけど、視聴者が高齢化したからシステム的にそうなるよ。
あたしが面白いと思うものや、あたしより上の世代が面白いと思うものはテレビだろう。
でも下の世代はYouTubeに面白さを求めるかも知れない。
見る人に合わせて内容を変え、内容に合わせてみる人が変るって、当然のことだろ。
それが今は高齢化にシフトしていて、シフトするほど若者は見なくなりそう。
いや知らんよ、うちは子供がテレビよりYouTubeが好きってだけで、よそは知らん。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。