脱獄難民になっちゃった

こんなはずじゃなかったけど、脱獄するつもりで買った2台のiPhone7が脱獄できない。
そのあたしから見て、今回はたった一人のでしゃばり君が台無しにしたと思ってるんだ。
あたしはちょっと前までXperiaを使ってて、脱獄するために早めにiPhone7に乗り換えた。
日本市場向けにカスタマイズされたXperiaとは違い、iPhoneは世界中の人が使う。
だからその分、脆弱性を探して遊ぶ人も多いし、見つけたときのメリットも大きい。
市場の狭いXperiaでrootを期待するより、iPhoneに脱獄を期待する方が良い。
最新iPhoneで最新iOSで、どこぞのハッカーが必ず発表するのは当然の流れだった。
でも今年だけ、たった一人のでしゃばり君がその流れを潰してしまった。
そいつさえいなければ、今頃はiOS10.2で脱獄し、アプリも充実していたはずだ。
でもでしゃばり君は中途半端に、10.2が出たあとに10.1.1で脱獄出来る話を出した。
いやいや、でしゃばり君には10.1.1でしか脱獄出来ないけど、よそは10.2も出来たろ。
その10.2でも脱獄出来るよそのチームが、でしゃばり君のせいで引っ込めたんだよ。
引っ込めさせたんだから10.1.1を責任持って完成させるかと言えばそうでもない。
10.2も完成させるかと言えばそうでもない。
このどのタイミングでも、よそのチームは自分たちの持ってる脱獄を発表できない。
ホントにクソ邪魔なやつだ。
こいつのせいでうちのiPhoneはだいぶ先まで脱獄出来ないと、個人的な恨みを抱いた。



よそのチームが10.2を脱獄出来る脆弱性をストックしてないと思ってる人もいるだろう。
誰も出来ないからでしゃばり君がやったんだと思うなら、その人にとっては英雄だろう。
あたしは逆に、ハッカーが多いという理由でiPhoneを買ったほどだし、そうは思わない。
一つや二つではなく、いくらでもある脱獄方法を、然るべきタイミングまで温存する。
その一つ一つに大きな価値があり、たくさんあっても一つずつしか発表しない。
もし自分たちのちょうど良いタイミングで、他の人が発表したら自分の分は出さない。
自分たちもあるという発表すらしない。
だからその、まともな脱獄を潰してまで出しゃばった人には、世界のヘイトが集中する。
この人の発表した脱獄が、後にあたしのiPhoneにも及ぶかどうかは知らん。
しかし確かなのは、よそのハッカーはしばらく別の脱獄を出せないって事だ。
でしゃばり君がさっさとギブアップ発表してくれればすぐ出るだろうさ。
それすらしないんならさっさと作業しろや、もう自分の命だと思わずすり減らせ。
飯食わずに点滴しながら寝ずに作業しろ。
世界の英雄になろうとして世界を敵に回したな。

ちゃんとしたところが脱獄を出してれば、今頃は脱獄アプリももっと出そろってたな。
現状では、ゲームでズルするために脱獄済みiPhone6を使ってるだけの状態で、
そのズルする脱獄アプリはiOS10版をまだ出していない。
それがもし出ちゃったら、今よりもっとでしゃばり君が憎くなるだろう。
まだ今のところ、それ以外は脱獄出来なくてもiOS10.2で満足できてる。
結局はシャッター音だけマストで、他は悪いところにも慣れるものだ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。