槍の時代突入

白猫プロジェクトの呪い槍イベントがアーモンドピークで楽勝だ。
序盤で尻込みしてたので指定回数こなしてなくて、武器完成には到っていないが、
まぁ来週の分で普通に完成するだろう。
キャラチェンジなしでもかなりの勝率ではあるが、ときどきどっとやられることもあり、
ソフィにチェンジして回復してあげればなお安全。
あたしにとって他の呪い武器イベントは挑戦する気も起きないほど難しい。
今回初めて、たまたまぶっ壊れキャラを引いたからチャレンジしてみて、
初めて周回出来そうな手応えを感じた。
周回するには倍書使うし、倍書使ってゲームオーバーじゃやる気がしない。
または、倍書使って時間かかりまくって何度も出来ないってのもダメ。
初めて、ピークのぶっ壊れのおかげで倍書周回出来ている。



でもあくまで武器完成は目安であり、武器を使いこなす自信がない。
呪い武器シリーズは全て、うまい人が使ってこそ強い武器であり、
下手な人だと呪い武器はデメリットが大きすぎ、メリットを発揮できない。
イベントをこなして武器を完成させるほどのうまい人なら、完成品が重宝するはず。
でもあたしはぶっ壊れキャラで下手なのにクリア出来てる。
あたしに呪い武器が完成出来ても使わない気がする。
槍に限らず、どの呪い武器もあたしには使いこなせない。
そう思ってるからこそ、無理矢理周回してこなかったし。
でもこのくらいのぶっ壊れキャラがいれば他の武器も周回するかな。

槍キャラってガードがウリなのに、あまり使う意味なかったじゃん。
ガードしてないでさっさと攻撃する事が求められるゲームだ。
だからガードキャラを強化することなんて無理だろうと思ってた。
でもガードをした方が良い理由というのが、今回の強化でやっと生まれた。
剣キャラがカウンターエッジを使うのと同様、槍キャラはジャストガード。
ジャストガードじゃ攻撃出来ないけど、スキルがすぐ貯まる。
失敗してもただのガードが出来るから安全。
こうでもしなければガードは空気だったわけで、やっと槍の出番が回ってきたかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。