Nexus7よりスマートパス

 本体は当日ニュースで見てすぐ買ったけど、その日にすぐ画面保護フィルムを買うのを忘れてて、よその人も一気に本体を買うんだからアクセサリー類も一気に捌けて当然なわけで、気がついたときにはろくなやつが売ってなかった。でもないよりはマシな程度で評判の悪いフィルムをかって、そのうちいいやつに張り替えようって事にした。数日後、あたしの望んでいるアンチグレアのやつを売ってる所があったのでそこにも注文した。そしたらそのアンチグレアの方から追加でメールが来て、今回あたしが買ったフィルムは微妙に大きさがおかしいらしく、あとでちゃんとしたやつを送るから待っててねって話だった。その時点でまだ本体が来てなかったから確かめようもなかったけど。で、いざ本体が来たからそのサイズが合わないけどアンチグレアな方を先に貼ってみたら、やっぱり上か下かスミかどっかがはみ出すんだよ。別にはみ出しても良いんだけど、そのはみ出たところに空気が入って密着しないんだよね。結構頑張ったけどダメだった。まぁ、どうせもう一回送られてくるんだろうし、それまでのつなぎならはみ出てる方じゃなく、評判が良くないけど収まってる方を貼ってみた。うん、確かにあまりよくない。でもどうせ短期間で剥がすんだし、妥協することにした。再送が来てダメだったら次を考えよう。



 Androidのスマホに入ってるいらないアプリはガシガシ消して使ってるけど、Nexus7は本当にGoogleのアプリしか入っていない。でもそのGoogleのアプリでも消したいやつはいくつもある。まぁミュージックは最初から入ってて、以前プロクシ刺して登録したアカウントにCDから取り込んだ音楽を全部リストアップする。ホーム画面のウィジェットでそれを表示したので、いよいよGoogleさんに音楽の好みまでばれたかと不安になった。カスタムロム入れたらミュージックもマップも何も入ってないやつだった。自分ではRoot関連でいくつかアプリを入れたぐらいで、現時点ではまだスッキリした状態だ。

 で、やっぱりというか意外というか納得というか、ストレージの使い方がスマホとは違ってて良い感じ。例えばauスマートパス限定アプリのモンハンはインストールするために内部ストレージ600MB必要だが、古いスマホは内部ストレージ500MBにキツキツでプリインストールが入ってたり、もう少し新しくなっても1GBでもう容量の心配がないとか言ってるレベルだから、たとえSDカード32GBを搭載しても内部ストレージが不足してゲームをインストール出来ない。これが、たとえどんな高性能な端末を用意してもゲームとかにフル活用できないAndroid特有の致命的な弱点だったわけだ。それがNexus7はSDカードなしにしたことで、システムが使うべき本来の内部ストレージと、名目上SDカードとしてアクセス出来る内部ストレージが容量を共有している。デカいアプリをインストールするか、デカい動画をダウンロードするかで、普通のスマホはどこの容量が足りるとか足りないとか面倒な話がつきまとうが、Nexus7なら一切関係なく合計で16GBって事になってる。いや、表示上は内部も16GBでSDカードも16GBだから併せて32GBあるかのようになってるけどね。だからAppleデバイスと違ってUSBで接続すると仮想SDカードの方にファイルの読み書きが出来るんだよ。これは申し分なくとても良いデバイスだ。他のタブレットがどういう作りになってるか知らないが、ともかく内部ストレージが大きくないと、他でどんなにハイスペックを目指しても使い物にならないし、内部ストレージを大きくして高価になってもそこを他の目的で使えないのも無駄だよし。

 まぁ、良いんだけど、こいつにあんまり面白そうな物を入れると子供が触りたがるでしょ。でもiOSと違っていろいろ制限かけて子供に触らせることを想定した作りになってないから、大人だけが使うつまらないデバイスにしておく必要がある。アプリで遊ぶための物ではなく、実用的デバイスとして利用する予定。

 まぁNexus7は来たんだけど、即日アンロックしてカスタムロム入れたりもしたんだけど、せいぜいそのくらい。Nexus7じゃauスマートパスは利用出来ない訳じゃん。今はスマートパスでいくら貰えるかの方が面白いので、いろいろ後回しになりがちで。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。