ご飯に合う話

2423 letters | 1026 views | コメントする

 ご飯ってうまいか?うまくて毎日食ってるのか?オカズは毎日同じじゃ飽きるくせに、ご飯は飽きないから毎日食ってるのか?そんなにご飯が好きなのか。じゃあしょうがない、他人の好みに口を挟む気はないので、好きな人は好きなままで良いし、別に好きじゃないあたしも好きじゃないままで良いはずだ。本当に嫌いな食べ物は食べ残したりもするが、ご飯は出てきたら食うし、ご飯が出てくるときは必ずおかずも出てくるから、おかずと一緒にご飯も食べて何の問題もない。そこまでご飯が嫌いなわけじゃない。チャーハンとかピラフとかって味を付ければうまいし、おにぎりの塩味でさえ十分うまいと思う。でも味付けしてないご飯って、それをおかずなしで食べて美味しいって思わない訳よ。おかずと一緒に食べて美味しいから、そこで「ご飯に合う」なんて話が出てきたり、または「ご飯が進む」「何杯でもいける」の話になるんだけど、別におかずだけで美味しければそれで良いじゃん。そりゃ、ご飯と一緒に食べることを前提におかずを作ったら、そうでない場合に比べて塩分は多くなるわけで、塩分の多い食事はそのまま食べるよりご飯も一緒に食べた方がちょうど良く感じて当然だ。でもそれって、最初から塩分控えめのおかずだけ食べた方がもっとうまいんじゃないかな。



 この話は焼肉食ってて最初に思った疑問だ。肉と言えばご飯であり、肉だけ食うよりご飯も食べてうまいと思って生きてきた。しかし大人になったらご飯を食わずに酒を飲むという機会が増え、あたしは酒が美味しいとも思わないのでどんなおかずが酒に合うのか全くわからないし、よその人が焼肉に酒って言う場でも、あたしは酒よりご飯が欲しいと思ってた。そしてあたしは近年、酒を飲まない人という立場を確立したわけで、焼肉の場で酒もご飯もなしで肉を食うという状況が多くなった。まぁ、よその人は野菜も食うかも知れないが、あたしは元々野菜なんか食べないので、ピュアに肉だけを口に運ぶわけだ。その感想として、ご飯も酒も要らないと。そんな物でお腹を膨らますより、うまい肉をもっとたくさん食べたいから、むしろ邪魔だとさえ感じた。あたしにとって最もご飯に合う食べ物であった焼肉が、ご飯なしの方がうまいっていう感想に変わってしまったら、もう他のどの食べ物もご飯に合うかどうかの話は見直さざるを得なくなってしまった。

 鮭フレークとか筋子とかしょっぱいものでご飯を食べるのはうまいよ。さすがにそれはご飯なしじゃ食わない。でもそりゃもうおかずじゃなくて魚介入り調味料じゃん。卵かけご飯もうまいけど、それも卵と醤油で出来たご飯専用調味料じゃん。その辺はもうおかずじゃなくて調味料って呼んで良いほど味が濃くて、ご飯に合うものは合うんじゃなくてご飯を食べなきゃ味が濃すぎて食べづらいんだよ。逆に味が薄いけど美味しい程度のおかずは、ご飯を一緒に食べると急に物足りなくなって醤油とか必要になる。下味のみでツケダレなしで食う焼肉って、肉の持ってるうま味を堪能できてせっかく美味しいんだけど、ご飯も一緒に食べようとするから味が足りなくてタレのお世話になるわけで、タレのお世話になると肉のうま味が堪能できない上に、せっかくの肉味はご飯味と中和することになる。あたしの場合は寿司は好きだけど刺身とご飯ってのは苦手で、それってご飯が酢飯じゃないせいで、刺身にたっぷり醤油を付けないとご飯に合わないからであって、たっぷり醤油付けた時点でそりゃもうマグロだろうがハマチだろうが、刺身としての性質を犠牲にして調味料としての性質を獲得しているに過ぎない。

 もうね、いっそおかずだけ食えばどうよ。つーか飲み会で飲まなくなったあたしは結構おかずだけ食ってるけど、べつにご飯は要らないよ。たぶん、そういう会ででてる料理も外食なんだから塩分は多くて、ご飯を食べるか飲物で誤魔化すかしてちょうど良い感じだろう。だからそれよりさらに少ない塩分で、ご飯も酒もなしで食えばどうよって話。肉も魚も、塩分控えめの方が美味しいよ。ただしご飯を食うと味が足りないからマズいけど。って事はこれって、ご飯なんか食べるせいで、肉も魚も塩分多めにしなきゃならなくて、そのせいでせっかく美味しい肉も魚も、ご飯が原因で美味しくなくなってるって話なわけよ。

 あたしだって美味しい物はご飯と一緒に食べればもっと美味しいと信じて生きてきたさ。実際に自分で食べてそう感じてたんだから、それが間違いであるはずもない。でもね、逆に、ご飯を一緒に食べなきゃ美味しくならないおかずだよね、それは。その条件ではご飯が足りないんじゃなく、味が濃すぎるんだよ。味が濃すぎるからご飯を足したときが一番美味しい。当り前だけど、濃すぎる味付けを排除した方がおかずのおいしさは引き出される。でも味がないご飯を混ぜて食べたら美味しくないのも当り前。まぁ、ここまで親切に書けば結論も要らないくらいだが、せっかく美味しい物を濃い味付けでまずくして、でも味なしのご飯で薄めればちょうど良い塩加減になるという現象を、ご飯に合うとか一緒に食べればもっと美味しいみたいに信じて、そのいったん悪くした物の回復に過ぎない物をまるで良くなってるかのように思い込んではいないかなと。味の上昇ではなく回復を、みんなが言うから信じて騙されてただけだろうと。

 まぁ、でも塩分と糖質を取り過ぎる食事の方が普通はうまいか。おかずの本来の味より、醤油とカロリーの方がうまいよ。ラーメンとかうまいのもそういうことだし。でもラーメンはラーメンとしてあたしは食べたいけど、ご飯はもうこのような理由で食ってる感じだから、別に食べたくもないんだよな。ラーメンは好きで食べてるけど、ご飯は美味しいと思い込んで騙し騙し無理矢理食ってる感じ。それが嫌。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。