連立マニフェスト

あたしは民主党に票を入れてないが、今回の基地問題に関しては民主党が気の毒。
公約違反なんて言うけれど、公約を守るためには米国と戦うしかない。
悪いのは米国で、民主党はただのとばっちり。
でもやるって言っちゃったのが悪かった。
たぶん今支持率を下げてる一番の理由は、やるって言ったのにやれなかったことが多すぎるからだよな。
別に高速道路の無料化が今すぐ絶対必要だってわけじゃないけど、やるって言ってやらないじゃん。
財源は無駄のカットで出しますって言ったのに、ほとんど捻出できてない。
天下りを無くそうとか独立行政法人を無くそうとか議員定数を減らそうとか、いつやるんだか。
かろうじて子供手当が実現したが、財源は借金だからちゃんとできてるうちには入れられない。
さらに今回、ずっとやるやると言って先延ばしにしてきた県外移転を、遂にあきらめた。
致命傷だな。



少し前までは秘書逮捕関連だけが騒がれ、それでもあんまり支持率は落ちなかったわけで、
今はスキャンダルごときで国を不安定にしたくないと思っている人が多いんだなと感じた。
政治で返してくれたらスキャンダルも帳消しにしてあげようと、国民は温かく見守っていたんだが、
やっぱり事あるごとに約束を撤回の連続では、国民も支持を撤回せざるを得ない。
衆議院選自体が撤回されたってのが支持率の数字だ。

ただ、なぜこんなに民主党がフラフラしてるのかってのもいろいろあって、
鳩山が言ったことを小沢が覆すのはまだ良い方で、実質小沢政権が良い仕事をしてくれたら結構だ。
民主党内での見通しが甘くて、やってみたら出来なかったってのも可愛げがあって、
何もやらないよりやってみて出来ない事を確認したという価値はあるだろう。
一番どうしようもないのは、連立小党との折り合いで、やると言ったことができなくなることだ。
民主党に投票した国民は、社民党や国民新党のマニフェストを受け入れていない。
特に国民新党は、衆議院選であれほど逆風だった自民党候補にボロ負けし、
政策より地盤でかろうじて出てこれた連中がふんぞり返って連立与党にいるのは絶対おかしい。
そもそも二院制のシステムが悪いと思うが、これを継続するしかないなら、
せめて、連立するならマニフェストも連立して出してくれよという話だ。
各党で別個に自分たちの主張を通そうとしないで、連立与党で一枚岩になっちゃえばいいじゃん。
この際、どうしても小沢支配でなきゃできないなら、連立小党も小沢に支配されちまえ。
そして、事あるごとにもめてないで、全部独裁で決めてやってしまえばいいんだよ。

民主党のマニフェストってのは、民主党が衆議院も参議院も過半数になったら実現しますって物でしょ。
ところが現実は、過半数になるために連立を組まなきゃいけないので、
一部は実現できないし、よその政党のマニフェストも一部実現しなきゃいけない。
でも選挙の時点では、どれが実現できるんだかできないんだかはわからないわけで、
国民がわからないだけじゃなく、当事者も行き当たりばったりで協議してるからフラフラしてる。
あいつらは選挙に勝ちたくて大風呂敷を広げ、勝った後はどうにかなるさと甘く見すぎなんだよ。
そうじゃなくて、どういう勝ち方をした場合はどこと連立し、そうなるとマニフェストはどう変わるとか予定しとけ。
できるだろ。
そうしないとどこに投票しても何が実現するか全然指針にならねーわ。
マニフェストは夢であり現実は違いますとか言ってるのと同じだ。
選挙やる前から、亀井と組んで郵政逆行させますっていう連立マニフェスト出しとけ。

重ね重ねあたしは民主党に投票してないけど、投票した人もまさかここまでとは思わなかっただろう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。