舌下初体験

1908 letters | 702 views | コメントする

ガンプラ用のカラーみたいな紙の小箱に、1andro本体容器と、針のない注射器、
そして、注射器と合体させるための交換用本体キャップが入ってきた。
さっそくキャップを交換し、先っぽに注射器を刺すとピッタリとフィットする。
そのまま容器を逆さまにし、ピストンを引くとスムーズに定量1mlを計る事が出来た。
注射器は細くて2mlで満タンになるタイプの物だから、ピストンが数ミリズレても0.1mlの誤差にもならない。
はず。
そりゃ医療用の物じゃないのであんまり正確に出来てないかも知れないが、
極端に毎回違う量になることはないだろうと感じた。
あたしはこの商品を衝動買いしてから到着するまでずっと、
とにかく1mlをどうやって計るかが気になって仕方なくて、ドラッグストアでスポイトを探したり、
ダイソーで計量スプーンを買ってきたりとかもした。
しかし、そのどれを使うよりも、きっと付属の注射器と交換キャップが一番計りやすい。
一応、注射器で計った1mlを、ダイソーの1mlスプーンに注いでみたら、表面張力でギリギリな感じ。
まぁそんなもんだろうな。



舌下吸収といっても、舌下のどの辺りから吸収されるかよくわからない。
しかも、自分から見えないし、注射器から発射なので、とりあえずテキトーにぴゅっとやった。
焼き肉屋でくれるようなスースーするガムや飴の味がつけてあり、
そのスースーがちゃんと舌下に当っているかの確認になり、違うところがスースーしたらハズレって事になる。
さて、舌下に液体を垂らしたら、舌でフタしてよい物か、それとも舌は上げっぱなしか、
口は開いているべきか閉じているべきか、どうして良いかわからなくなってしまった。
一応、口は開いてたら乾燥しちゃいそうだから閉じ、舌は下げたらあふれそうだから上げたままにした。
時計を見て30秒待ったがスースーは収まらないので、吸収されてるのか不安になる。
それどころか数分はスースーしたままで、そうしてる内に唾液と混ざって薄くなり、
知らないうちに飲み込んでるのかなって気がしてきた。
飲むタイプは1回分が100mgなのに舌下タイプは20mgなので、飲んだら効き目は5分の1しかなくなる。
だから極力飲まないように、自然にスースーがなくなるまで安静にしていた。

前駆体の前駆体とは言え、強力なアンドロゲン摂取により、ムラムラ来たり勃起したりするつもりだったが、
別に普段と変わることもなく、なんだか拍子抜け。
いつも通りにトレーニングし、いつも通りにオナニーし、いつも通りの射精量で、
性的にも筋肉的にも全く体感効果を感じられていない。
他のサプリならまだ1日目から効果が出るわけがないと思うが、1アンドロステロンだしUTTなんだから、
筋肉には時間がかかるとしても下の方には即効性の何かがあると思っていたのだが。
舌下吸収がうまく行ってないのか、前駆体の前駆体だから効率が悪いのか、
メチル化されてないから分解されちゃってるのか、あるいは効いてるのに体感できてないのか、
それともひょっとして全然効かない物なのかはまだわからない。
筋肉だけを目的に買ったならこんなものだろうが、性的な目的が大きかったので非常に落胆している。
下に効くなら他のサプリを全部やめてでもこれにつぎ込むつもりだったし、
効きすぎる場合は通常一日二回の所を一回に減らさなきゃとまで考えていたのに、
全然体感がないから、ひょっとしたら1ヶ月おきにオフを入れる計画も不要かも知れない。

あたしは競技者じゃないのでドーピング検査とは無縁だが、むしろ検査して欲しいくらいだ。
それでひっかかったらこのサプリは効いてるって事になるし、ひっかからなかったら無駄遣いかもしれない。
一応、体感がなくても筋肉には効いているはずだとまだ信じてはいる。
一日目だしな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。