フレッツ光はどうなのよ

2154 letters | 728 views | コメントする

我が家はまだADSLなのだが、基地局から数㎞離れているので全然スピードが出ない。
ISDNから乗り換えるときですら、乗り換えたら速くなるという保証はないよって言われたほど。
まぁ結果的に速くはなったけれども、ISDNとあまり変わらない程度にだ。
しかし個人的には、一般の人にはADSLの最低速度版やISDNで十分だとも思っている。
あたしの場合は巨大なファイルをダウンロードする機会が一般の人より多いので、
ダウンロードに何時間もかかるよりは数分で終わる方が嬉しいのだが、
一般の人は何時間もかかるダウンロードを毎日のようにするわけじゃないだろうから、
ネットなんてつながってさえいればそれで良いはず。
現にケータイでネットを見る人だっているくらいだから、その程度の速度で問題ないはずだ。
すなわち、ADSLの速度が遅いから光に変えたいとか言っちゃってる人は、
あたしと同じように毎日無修正エロ動画の新作をダウンロードしたいダメな人か、
またはパソコンが遅いのと回線が遅いのと区別がつかず、
業者にだまされてなんとなく光にするカモ体質の人ぐらいだとずっと思ってきた。
どっちにしろ、優れた人は光にするわけがないと、上から目線で見下してきた。



光に変える意味があまりないと思っている上に、そもそも契約することすら出来ずにいた。
我が家は基地局から遠い上にインフラが悪くて、光の受け付けが始まったのは今年の初めからだ。
何年か前、国策で光を全国に通すと聞いたのに、いつまで待てばそうなるのかと半信半疑だったが、
どうやら本当に、全国的に光回線の利用が出来る体制になってきたのかも知れない。

でも、いくら回線の利用が出来る状態になったからと言っても、
ADSLの方が安く利用でき、しかもADSLで十分な通信速度が出てるのに、
わざわざ無駄に高い光に乗り換えるわけがないし、あたしの場合は見下してもいるし、
それと同時に、知識のない人をだまして光回線を利用させようと目論む業者をも軽蔑してきた。
基地局から遠いのにダウンロードが頻繁という、我が家のような特殊な事情では、
利用料金の差額によっては光回線に乗り換えるのも悪くはないと何度も思ってはいたのだが、
一番のネックは金額ではなく、金額を誤魔化して安く見せかける業者の態度だった。
もちろん光ならADSLより高くなるが、あいつらは安くなるかのような話を持ちかける。
ちゃんと正直に言えば、差額を検討する気にもなっているのに、
正直な金額を言わせるためにはよっぽど深い話まで進めて、契約の直前まで行かなきゃ言ってくれない。
普通に倍以上高くなるのに、なんで安くなる話が出来るのか不思議だ。

つー事で、光回線に興味は持っているが、営業の人のいいかげんさと料金の問題で、
まぁ当分ADSLのまま使っていくんだろうと思っていたのだが、唐突に申し込む事になった。
理由は現行ADSL回線の不調。
何か、夜10時ぐらいから朝5時くらいまではつながるのに、日中はつながらなくなってしまった。
つながる時間帯は絶好調なんだから、少なくともパソコンとルーターは壊れていないわけで、
そうなるとどこが悪いかってのは我々が調べたり判断したりする物ではなく、
無料でちゃんとつながるように治して欲しいと思ったのだが、まぁ、もうADSLと付き合うのも面倒くさいし、
多少は高くなっても光の方が、今回のようなトラブルは発生しにくいはずと勝手に判断し、
思い切って申し込んでみた。
基地局から遠いところでアナログ回線を使う事の不便さは十分身にしみているし、
国策の光がある以上、ADSLは基地局を増やすなどの今以上の設備増強はないだろうし、
今後もこの国から見放された古いシステムにしがみついてまで、お金をケチるつもりはなくなった。
もうこうなったらさっさとこいや。

ただし、今まで順調に使えていたエロ動画のダウンロードに必要なソフト等は、
ADSLの貧弱な回線で使っている人はプロバイダ等も問題視しないが、
光で使うと規制が入る可能性があると噂に聞くので、
今まで少しずつでも使えた物が、今後全く使えなくなりはしないかと不安ではある。
そうなったときは、そう言う時代が終わったんだと納得し、
無駄に高い料金と、無駄な使わない高速さを共に受け入れる。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。