プレイリスト

メディアファイルを再生する多くのソフトに実装されたプレイリストという機能に、あたしは馴染んでいない。
5分くらいの音楽ファイルをいくつもまとめて、お気に入りのアルバムを作るには便利だと思うが、
そういう使い方をしたいと思う事があまりない。
CDの音楽をPCに取り込み、好きな曲だけまとめてリストにしたら、
それをCD-Rに焼いて車でかけるとかはアリだが、PCで聞くためのリストという使い方はなかなかしない。
だから、あたしのPCには、多少のMP3は入っているが、プレイリストは一切入っていない。



エロペガは、ダウンロードしたエロペグを再生するという目的で存在するわけだが、
あまりにも短い数分程度の動画をリストにしてつなげて見るという使い方は想定していない。
一本見終わったら即次も見るとか、あるいは再生の順番を指定するとかっていう使い方は、
数十分もあるエロ動画の再生には合わないと思っているんだよ。
むしろ、毎日、今日はどれで行こうかと一覧を眺めたり、これはもう飽きたから消そうとかいう作業は、
エクスプローラからやることなので、「親フォルダを開く」は必須だし、
プレイリストではなく、エクスプローラの一覧表示で管理したい。
だから、動画でもプレイリストに馴染んでいない。

このまま、エロペガで動画だけを扱っていくなら、永久にプレイリストは作らないが、
音楽再生も視野に入れるなら、5分おきに再生ファイルを選ぶよりは、リストがあった方が便利だろう。
ただ、動画を見ている時もリストが表示されたら邪魔だし、音楽の時だけ呼び出すのも面倒。
そこで、ファイルを読み込んだ時点で、動画なのか音楽なのか、中身を調べて、
音楽であれば自動的に、ビデオ再生画面をプレイリストにしてしまうという作りにしてみた。
このプレイリストは音楽専用で、動画はリストに入れる事ができない。
動画は一つしか開けず、音楽はまとめて開けるっていう感覚。
即再生して欲しい時とリストに入れたい時をどう区別するかとか、細かい所はまだ。

エロペガはDirectShow依存なので、元々音楽ファイルを再生することは出来たわけだが、
エロ動画の再生履歴に音楽の再生履歴が混ざるのが気に入らなくて、
あえてエロペガでは音楽を再生しないようにしていたが、
内部で音楽か動画かの判別をするようにしたので、履歴も音楽用と動画用に分けることにした。
別にプレイリストがなくても、これだけでも使い物になるのだが、
せっかく作りかけているのでもう少しやろうかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。