Vista二日目

1267 letters | 618 views | コメントする

Adobe Readerがインストールできなかった。
原因はUACを手動でオフにしたかららしく、これをオンに戻せば大丈夫。
よくわからないのだが、UACは危険かも知れない操作を妨げる役割をするんだから、
オンにしたらうまくいかない事はあって当然だが、オフでうまくいかないってのもあり得るのか。
腑に落ちないけれども、これからはUACオンが前提のソフトがいくらでも出てくるだろうな。
しかし、一時的にオンにする事は出来ず、オンにするのもオフにするのも再起動が必要だ。
面倒なので、UACオンのまま、うざくても使い続けることにした。



フォトショップの廉価版であるエレメントが、インストール途中で応答なしになった。
デスクトップにアイコンが出来たけど、もちろん動かない。
普通にインストールできないときは、setup.exeを右クリックしてプロパティをいじる。
XPと互換性が高いモード(?)でインストールすると、ちゃんとインストールできた。

他にも、外付けHDDにイメージ化して入れてある物を次々にインストール。
ただし開発ツールの類は、面倒だから次の日までお預け。

解凍ソフトなんかも使ったりするわけだが、右クリック拡張系はうまくいかないのだろうか。
しょうがないから、何でもかんでもSendToに入れておこうか。

エロペガはやっぱり使い慣れてるのでそのまま使っている。
再生開始時に透明効果がない画面に切り替わり、アプリ終了時に元に戻る。

Shareは毎回起動時UACの確認が出るが、そのまま使える。
ただし、Up0パッチだけは何かに引っかかってどうしても使えないようだ。
それから、一度操作が巻き戻されていたので、INI書き込みか何かでブロックされてるかも。

真魚はUACオンにしたのに普通にINI書き込みも行われ、
β版での使い物にならなさは一体どこへ行ってしまったのやら。
どんな処理をさせるとVistaに怒られるのかは結局謎のままだから、
今後どうして良いのかもサッパリわからないな。
試してなかったけど、GREPとかもちゃんと動くのかどうか調べなきゃいけないな。

ともかく、β版では絶対にオフにしようと決意させたUACだが、
製品版ではオンにしないとダメだったり、オンで我慢出来そうだったりしている。
で、別に普通に使ってたら普通に便利に使えて、悪くもないOSな気がしてきた。
完全移行に向けて、多少のことは我慢する決意は揺らいでいない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。