フォントが欲しい話#6

なんだかんだ言って、ようやく作り始めた。
画像
最終的には、こんな無機質なリストアップではなく、なるべくかみ砕いたUIにしたいが、
現時点ではまず、正常に読み込めているかどうかの確認優先のため、
「とりあえず」このようにパラメータのリストアップのみをしてみている。



VenderがBitsになってるあたりとか、正常に動作してそうな感じがする。
とりあえずはこんな感じで、フォントの中身の数字を見れる状態だけ目指そう。
ほいで、どうしたいかでどこをいじればいいのかがわかるようなソフトを作ろう。
いや、これが万能になるのではなく、FontForgeの不自由な部分を補正する程度で。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。