気づけばW杯近い

2120 letters | 374 views | コメントする

金球制度の導入で、さらに優勝国のプレミアが増すらしいな。
例えばブラジルが金球で4年間サッカーしてても違和感はない。
もともとブラジルは別格のチームであり、特別な気持ちで望む相手が特別な球を使っても、
王者の風格の一つとして自然に受け止められることだろう。
で、現実の実力はどうあれ、日本だって出るからには全部勝つ気でがんばるわけで、
ひょっとしたらこれからの4年間、日本が金球を使用するかもと想像してもバチは当たらない。
さすがに似合わないな。
デカくて高くて歩幅も違い、パスが速くて疲れ知らずな相手と、
日本人が金球でサッカーやるシーンを想像しても申し訳なくなるだけだ。
南米の日系移民がサッカーで活躍してないし、逆に向こうの人は日本で大活躍できるわけで、
なんか、のび太がスーパーマンになれる星が勝ち抜くのはやっぱり非現実的かなと。
リオでオリンピック聖火が走った日、海岸で酔いつぶれていたのだが、
砂浜でも公園でも子供達は邪魔なほどサッカーやっていたし、
大人だって仕事を早く切り上げて毎日サッカーやるのが当たり前の国と、
大舞台で真剣勝負できるんだってことでもう既に夢のようなW杯だが。



気がつけば近い。
日本代表の試合が放送されるたびに、W杯までにどうするかって話になる。
どうするかって、どうにもなるかよとは思いながらも、やはりW杯までの期間を意識してきた。
さて、もう間もなくだよ。スゴ録も活躍するのかな。
というわけでだ、我々の関心事はとにかくトーナメントに残れるかだよ。
ブラジル、オーストラリア、クロアチア、日本のうち、総当たりで上位2カ国がベスト16だけど、
日本が偉大すぎるブラジルと当たるのは3戦目だから、
希望的な意見を排除すれば最後は負けることを想定し、もしくは勝てないことを想定し、
じゃぁどこで勝ち点取るかというと、オーストラリアとクロアチアに両方勝たなきゃダメ。
先日の野球のアレと同じでさ、負けたけどよその国の結果待ちで云々とかいって、
結局残って優勝とかされると、野球好きな人は感動とかしてるんだろうけど、
そうでない人も優勝という結果だけ喜んで、アワレな同胞が恥ずかしくなってしまう。
例えば1戦目で負けたり引き分けたりしたときに、
でもどこが何点差以上で負ければ、、、みたいな話をして、
内容よりもとにかく結果だけ良くあって欲しいっていう、意味わからない愛国報道と、
売れた芸能人に親戚が増えるみたいに、関係ない人が誇りに思っちゃう現象は、
最近の野球とオリンピックでもうウンザリで、せめてサッカーに神風は吹かないで欲しい。
ともかく、負けておいて他国の負けに期待して云々の流れは最近嫌いになったから、、
3戦目がどうなろうが知ったこっちゃない気持ちで、1戦目と2戦目だけは勝つのが理想。
引き分けたりしちゃうと最後に○○且つ××とかあるわけで、いっそ負けろ、とはいわないが。
勝った人だけを「同じ日本人として」誇りに思ってる人が、「同じ日本人として」恥ずかしい。
いや野球が好きな人は野球で勝って喜んで当たり前だよ、フィギュアもな。
どっちもルールもわからないのに、結果だけ見て勝った人に便乗して誇るなと。
確かに荒川と同じ日本人だけど、今井メロとも同じ日本人だと忘れてるぞと。

楽しみに待っていたW杯がいよいよ来るのだが、今のその国内の空気がすごく嫌。
武田がテレビで、日本の戦力値は4カ国中4位と見ているけれども、
あたしもその通りだと思うので、神風を期待したような勝てる勝てるって報道はしないでよと。
フランス大会の惨敗と、そのときまでの煽り方を思い出してよと。
でも密かに勝てるんじゃないかと期待して、集大成の時を待ちましょうよ。

ちなみに、映画 City of God を先に見ていれば、リオになんか行かなかったよ。

B0000BZ4J1
B0000BZ4J1

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。