CF狙うならNDS

1039 letters | コメントする

ワサコレのガチャで当てたいCFの数を数えてみたのよ。
なんせもう守備はカッチカチ、OMFは最強クラスなので、CFでしか強化出来ないわけで。
他のポジションで当りが出ても、総ステが高くなるだけでチームは強くならない。
だから数えるべきはCFのみであることが、先週のグランプリ結果でわかった。
そしたら、CLSもGCSも5枚くらいで、NDSだけ10枚以上が欲しいCFだった。
各国のエースストライカー、あとアルゼンチンだけ当たりFW多いからそうなる。
☆5はたとえ大当たりを引いても戦力は微アップなので、狙うべきではない。
そう言う事で、NDSはNDSミキサーへ、それ以外は鳳凰杯ミキサーへ、が正しい。
GCSだけは一点狙いがGCSオーバメヤンなので、鳳凰杯に使わない。
☆5とCLS、あと☆4やNDGの高コストを鳳凰杯にキープしておきたい。
なんせ鳳凰杯は全勝するより出場する方が難しいから、何ヶ月も貯まる覚悟が必要だ。
☆5を☆5ミキサーにかけても、チームは強化されない。
CLSをCLSミキサーにかけても、チームが強化されるような選手が少ない。
だからなるべく捨てるゴミ箱は選びましょうと。
フォメは今持ってないもので使いたくなるものがないので、このままで全然いい。
連携要員もよっぽど強力じゃないと入れ替わらないし、ひたすらCF待ちだな。



フレマで負け越す強いチームが、今回のグランプリは30位以内に入っていた。
ただ、そこのチームのポーランドフォメが強いのに、新ドイツに乗り換えたんだよ。
そしたらうちのチームでもわりといい勝負が出来るようになった。
相性の問題もあるけど、弱いチーム対策を捨て、強いチーム対策したってことだろう。
他のフレはだいたい体感と同等くらいの順位になってた。

ミドルもロングもまとめて強いと認識していたが、ロングの方が強く感じる。
相手のステを下げたらミドルは外れやすくなったが、ロングはまだまだささる。
対策はちゃんと別物としてやった方が良さそうだ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。