フレマは楽しいけどリーグは別

ワサコレの鳳凰杯予備選で格上が多い組に入れられたので、ますますフレマしている。
1000位以内の4チームに関しては、デッキに金がかかってるからがんばって欲しい。
たったの5チームしか出場できないのに、金かけてるチームがもれたら悲惨だろ。
いやあたしだって先日ドッカンガチャしたので、今回はギリギリの接待受けるかもよ。
でもうちより金かかってるチームでもどこかは鳳凰杯に出られない組なんだよな。
その1000位以内の4チームを除く、5位争いをしたくてフレマしてるわけだ。
ライバルは2000位以内の3チームで、それ以下のチームにも勝たなくてはいけない。
ってもう無理だし2つ引き分けちゃったけど。
最終日に3連敗しそうな組み合わせだから、前日までに勝負が決まりそう。
いや極論を言えば組に入った瞬間に勝負は決まってた。
どんなにフレマで試そうがリーグ戦には関係ない。
ビッグデータを元に課金誘導を行う目的で開催されてるし、勝ち負けで金が動く。
勝てば課金するタイプの人は勝ち、負ければ課金するタイプの人が負ける。
あたしは惜しいところにいると課金しちゃうから、惜しいところにずっといる。
いつも鳳凰杯が惜しいところで行けないから、ドッカンガチャしちゃったはずだ。
楽勝でも課金しないし、完全に無理なら全く課金しない。
惜しいところが一番課金する性格だ。
まぁ今回はそのドッカンした分のボーナスで、1回くらい出場させて欲しいところ。
こちとら予選落ちが続いてあきらめかけてるし、ここらでセンサー動くかもな。
今回じゃなく次がダメならもう無理って思ってるから、次の方が有望かな。



フレマでは、バッカとネイマールの、チーム最高コスト2TOPを試している。
2TOPでのバッカは動きが悪すぎて、お荷物以外の何物でも無い。
しかしコーナーキックの決定率はとても良い。
そしてネイマールへのスルーパスが、フォラントよりうまい。
このフォラントとネイマールでのスルーパスが最もカットされる弱点だった。
コスト低い割にフォラントは点を取るが、点を取られない事も考えないといけない。
このカウンター全盛の時代に、ラストパスがカットされるのは致命的だ。
自分のターンを0で終わらせ、相手のターンで1点取られるところまで見えてしまう。
ハラハラしながらパスを通すのがバッカで、取られるのがフォラントだ。
いや、でもバッカはミドルがないし、無駄にサイドにドリブルして難しい角度で撃つ。
それに、2TOP自体がやはり二人ともミドルじゃないと本領を発揮しない。
二人そろわないならやはり1TOPの方が良さそうだ。
フレマではどっちも勝ったり負けたりのムラが大きすぎて、強いか弱いかわからない。

今週のリーグにグリーズマンとスアレスがたくさんいる。
リーグ戦はダイジェストしか見られないけど、きっとミドルがバシバシ刺さってるはず。
でもそう言うカードを持ってる人は、それ以外のカードも金かかってるのよ。
そう言うチームに負けるのは仕方ないことだし、順当に高額課金者には楽しんで欲しい。
でもうちもドッカンやったし、今回くらいギリギリで勝たせてよ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。