だんだん気持ちが離れていくよ

無料でゲームができるという事と、無料で面白いゲームが出来ると言うことは違う。
無料で参加は出来るけど負けます。
お金を払った人が勝つように調節しています。
って、これはゲームに分類される物ではない。
うまくなれば勝つわけじゃない、レベルを上げれば勝てるわけじゃない。
シンプルに、お金を多く払った人が勝つ。
そう言う遊びで、実際にお金を多く払って勝ったとしても、なんだか面白くなかった。
審判が両者から賄賂を貰い、額が多い方を勝ちにするゲームだと感じた。
ところが、お金を払わずに勝つととても優越感があり、だから無課金で遊んだ。
あたしにとってもうソシャゲは、一般的な楽しみ方は出来ない。
課金したらかえって、ゲームが楽に進みすぎて面白くない。
無課金でまったり遊んでるのに、時々、ほんの時々、勝利するという遊びしか出来ない。
お金を払ってないのに勝ったぞっていう、自己満足の楽しみしか出来ない。
ところがその、お金を払わずに勝てるかどうかすら、乱数の出目次第となる。
攻略とか、技術とか、おぼえとか、ゲーム的な部分で勝ててるわけではない。
ふと、ソシャゲがゲームとして面白くなる可能性が、全くゼロかと思い始めた。
少ないじゃなくてゼロかも知れないと。



リセマラをして無料で他人より有利にスタートすると優越感があって面白い。
やってるとそのうち課金者に追い越されて、面白くないからやめる。
課金者に無課金で勝ってるかどうかが、ゲームを続けるモチベーションになっていた。
いや課金者だって課金して他人に勝つ事がモチベーションだろ。
そして、金を払っても勝てないゲームなんて、誰も金を払わない。
と言うことは、金を払わなければ必ず負けるし、モチベは必ず喪失する。
ここまでの流れに、ゲーム自体の面白さは一切関係ない。
ゲームを面白くしようが、儲けにつながらない。
ただ勝ちたくなるように、金を払えば勝てるように作れば儲かる。
審判が両者からどれだけ賄賂を貰うのが上手かという部分に、企業は投資する。
つまり、ガチャしたくなるようにゲームを作れば儲かる。
当たるまでガチャすれば勝ち、ガチャしなければ負ける。
ゲームの攻略はガチャを当てる事のみ。
お金を多く払えば誉められるシステム。
払わずに攻略できるかどうかが、ゲームの面白さだと思っていた。
払わずに攻略できたら、それがネットで拡散し、払わない人が増えるだけだ。
ゲームは攻略することが面白いのに、攻略されたら企業が損することになる。
つまり、企業が目指しているのは攻略されないこと、面白くさせないことだ。
面白さゼロを目指すのがソシャゲ運営だ。
ゼロを目指してるのに攻略が見つかり、拡散したら面白くて祭になる。
祭はすぐにメンテナンスに入り、修正されるだろう。
面白かったら不具合。
面白くないから課金する。
それがソシャゲだろ。

どのソシャゲも、最初はリセマラで無料で勝てて面白い。
その後は賄賂の額が多い方が勝つから、飽きて消す。
このループ自体がいやになってきた。
8万円のiPhoneがもったいないけど、スマホゲームもそろそろやめたいな。
いやまだ長く付き合ったアカウントを消しはしないが、さすがに新作は興味がない。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。