カップで辛ラーメン

以前にも増してインスタント麺が好きすぎるようになってしまった。
コンビニで新商品が並んでたらすぐ食べてみるけど、それより慣れた商品がうまい。
現時点では、カップの辛ラーメンを毎回ダースで買ってすごい消費量だ。
これだけ食っても、食えば食うほどハマっていく。
食い慣れたものほどおいしく感じてしまい、いつでも同じ味が一番おいしい。
それにしたって、これほどまでにインスタント麺がおいしいのもかつてなかった。
ほかにもどん兵衛やUFOもよく食うけど、辛ラーメンのハマりっぷりはおかしい。



そもそも発端は、名古屋で食った味噌煮込みうどんが口に合わなかった事だ。
あえて通販で仕入れて何度か食べてるうちに口に合ってきたんだよ。
それがコスパ悪くて、スーパーで袋麺でも買って食おうと、いろいろ試してたら、
袋の辛ラーメンがいちばん口に合った。
ところが辛ラーメンは国産の袋麺より量が多く、味は良いけど食い切れない。
んで、袋麺からカップ麺へと流れ、やはりその中でも辛ラーメンがお気に入り。

辛さを求めてとんがらし麺もダース買いして、慣れてみようと思ったんだよ。
スープは海鮮チゲと言うが、日清だからシーフードヌードルの辛いバージョン。
だから好きなんだけど、麺が辛ラーメンほど癖にならなかったんだよな。
あたしは麺類をスープよりむしろ麺で選んでいる。
インスタントじゃない麺類でもそうだ。
麺が売りになってるとんがらし麺より、辛ラーメンの麺がどうしても癖になる。
カップ版は袋版よりも細くて、あたしは袋版の方が好きだ。
でもそのちょっと劣るカップ版ですら、毎回唸りながら大満足で食べている。

「まるで生麺」という、生麺の二番煎じを求めてばかりの国産品は口に合わない。
生麺が普及してない韓国製品は、なんの二番煎じでもないものを求めているのか。
あえて言うなら、過去の「まるで生麺」じゃなかった時代の日本の二番煎じか。

経済的負担も小さく食い過ぎているので、さすがに塩分摂取が気になる。
なるべく週1回までで抑えたいところ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。