とりあえず脱獄だけ

1651 letters | 819 views | コメントする

 現時点で、iOS7は脱獄出来るようになってるみたいだが、脱獄した状態でないとインストール出来ないいわゆる脱獄アプリは、それを動かすための親アプリがiOS7に対応出来ていない。だから機種によっては全く動作しないし、また別の機種では一応動くけど動かし方を学習する必要があり、ただ脱獄したからって簡単に便利に出来るわけじゃないという中途半端な状態でして、それでも今行くって人もいれば今行かないって人もいる感じだね。脱獄アプリを動かすために脱獄する人にとって、脱獄アプリが動かないんなら今行く意味がないわけじゃん。脱獄自体がリスクのある行為なので、リスクを払ってまで得られる利便性がなければやらない方がいいだろう。うん、でもね、脱獄アプリは動かないけれども脱獄アプリをインストールは出来るって事があるわけだ。本来であれば純正のストアからしたアプリをインストール出来ない端末に、別の手段でアプリをインストール出来るという穴は開いたんだよ。穴さえ開けておけばあとはアプリ側で対応するのを待てば良いわけであって、せっかくアプリが対応したときにもう穴が塞がれてたらもうずっと脱獄不可じゃねーかな。今は開いた穴をほじくっておいて、あとで自由に更新されたアプリを入れればいい。ただ、既にiOS6で脱獄アプリを快適に利用している場合、それをいちいちiOS7にアップデートして穴をほじくっても、しばらく不便は続くかも知れないんだからやらなくていいだろう。そうこうしているうちにiOS7の穴が塞がれたとしても、我慢してiOS6をずっと使って行けばいいわけだし。iOS5で脱獄してるようだと、さすがにアプリがいろいろ動かなくなってきているので、今行くかどうか迷いどころだな。



 あたしの場合、既にiPhoneを電話として利用していないわけで、電話として使うのであれば脱獄しないといろいろ不便だと思うけれども、電話にさえ使わなければ脱獄はいらない。もちろんiPadも脱獄はいらない。だから別に今チャンスだからって急いでやる必要もあまりない。しかしその不要だって話は脱獄アプリが不要だって意味で、脱獄アプリじゃなくて端末自体が脱獄された状態であることは非常に望ましい。もちろんあたしにとってだけどね。うちはiPhoneもiPadもじゃらじゃらと持ってるわけで、iTunesってたくさん端末を持ってる人向けのバックアップは想定してないと思うんだよ。例えばiPhoneを2台持ち歩いてゲーム機にしてるあたしは、片方のバッテリーが少なくなってきたとき、セーブデータをもう片方に移して一方を充電しつつもう一方で遊ぶなんて事も出来たら嬉しい。それをiTunesでやろうとすると、ゲームごとにデータを移すんじゃなく端末まるごと一括でデータを移さなきゃいけないわけだ。どっちにも消したくないデータが入ってるので、ゲームを個別にバックアップして移したいっていうわがままを叶えるにはやっぱり脱獄は必須でしょ。ゲームやってればスクリーンショットを撮りたいときもあるわけで、別に盗撮したいわけでもないのにシャッター音が鳴るのは困るから、脱獄して鳴らないようにしたいし。もし電話に使うなら誤発信防止にダイアログ確認させたいしいメールの引用がうざいのも何とかしたいとかで、脱獄アプリが必須になってくるけれども、ゲームやる目的だとただ脱獄されてるだけで十分なんだよ。

 ちょうどタイミングよくiPad miniも買ったから脱獄だけしたわけだが、まぁ脱獄とかカスタムウェアとかそれ系って、クリスマスや年末年始に話が一気に進行することが多い。だから今買ってもすぐ脱獄出来そうかなと言う期待はしてたよ。脱獄したって、そして脱獄アプリが動いたって、もうあんまり価値はなくなってるよ。それでもしないよりは断然するよ。あとTPPがこれを犯罪にしようとする可能性があり、将来は技術的に可能でも法律的にダメになるかも知れない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。