消費増税はいつやるか

1565 letters | 808 views | コメントする

 消費増税やるって言ってる自民党が選挙で勝ったんだから、国民は消費増税を選んだって事になるわけで、あとはいつ上げるかのタイミングだけって感じだろうな。増税に反対している人達の中で、相対的に貧困層に負担が増すからダメだって言う意見の他に、基本的に増税賛成だけどデフレの今増税するのはダメだよっていう意見もある。あたし個人としてはたかが105円のものが108円になろうが110円になろうが、材料費の高騰で有無を言わさず130円になるものまであるのに、慎重な議論を重ねてちょっとずつ控えめに上げるのがじれったくて仕方ない。108円は計算が面倒だからすっ飛ばして110円にしろや、ただし今かな?っていう感じでいる。貧困層ほど影響を受ける消費税が、富裕層しか感じていない景気回復を理由に今実行されるのは間違っている。間違っているけれども、昨日ニュースステーションで今やる理由を聞いて納得した。



 つまり、今消費税を上げるって言ってる人でさえ、今上げるのは間違っているとわかってるようだ。わからなくて言ってるバカではないようなので、今上げるって言ってる人に今あげちゃいけない理由を説いても全く意味がないんだよ。もうそんな次元の話ではなくて、今上げるのは間違ってるけど今しか上げられないし、いずれ上げなきゃいけないけど今じゃなきゃそのいずれは来ないって話なんだな。いずれ増税するって事すら否定してむしろ減税に向かうべきだという人もいるくらいだし、あたしも消費税より贅沢品だけに税を課す方がいい思ってるけど、とりあえず増税は選挙結果として国民の総意で、その時期だけの問題に限定した話になるが、その時期さえ今やるのは間違いだとみんなわかってて、それでもなおかつ今上げようって話をしているようだ。だから、今は制度として消費税を上げるけれども実質の負担は今ではなく然るべき時から発生させるという方向を考えていると受け取った。

 これは複雑な話ではない。なかなかエンジンのかからないマイカーが夜中に奇跡的にエンジンがかかったので、今から出かけたいって言ってるだけなのよ。今出かけたってどこも開いてないし、昼に出かければいいじゃんって当たり前に思うんだけど、このエンジンを止めてしまったら昼にはおそらくかからない。これまでもエンジンがかからないせいで何日も出かけられなかった。だから今とりあえず出かけて、目的地で昼まで寝て待とうよって言ってるんだ。まぁ、この話だと帰りはマイカー捨てなきゃいけないけどな。ともかく、ずっとエンジンをかける作業にいそしんできた人達が、ようやくかかったエンジンをもったいなくて今使いたくて仕方がないんだ。使わない事で生ずる損失よりも、悪いタイミングで使う事で生ずる損失を選ぶべきだって言ってるんだよ。

 んで、消費税は今上げちゃいけないってのは、もっと正確に言うと消費税を上げることで生じる様々な弊害が今起こってはいけないのだ。消費税を上げてもいい時期ってのはその弊害が起こってもいい時のことであり、今は弊害が起こっちゃいけない時期だと。だから、消費税を上げつつその弊害は今ではなく、起こっても大丈夫な将来まで起こらないようにしようって事のようだ。ものが高いようって思う人が出てくるから、その分何か国策で負けてやればチャラになるだろうって事をやっている。まぁ、その提案がそもそも金持ち目線のクソ提案で全然チャラになってないからダメなんだけどね。

 あたしはそんな消費税なんかより国保や年金の方がイカレた額を取られてて苦しい。やっぱりちょっとずつ自動的に取られるか意識して支払うかの問題で、消費税も年に一回まとめて払うって言われたら苦しいんだろう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。