膝を持って乗車

1141 letters | 1601 views | コメントする

 晩飯食った後でまだ明るい時間帯に、どうせ家に入ってたら子供達につかまってゲームをやらされるくらいなら、いっそ外に出てたとえ子供達が中でゲームをやってたとしても一人で遊べる趣味でも開発しようと思い立った。まぁボールでもあれば遊べるかな。つーわけでサッカーボールを買った。子供達に買ってあげたのではなく、自分で遊ぶために買ったわけだが、それでもほっとけば子供達もボールで遊ぶかなぁと思ってたんだけど、いっこうにボールに関心は向かないようだ。これを一番最初に遊んだのはあたしと嫁で、土曜日は下の子の保育園バス到着を出迎えつつ、ボールをパスし合った。したら向かいの女の子が出てきたから仲間に入れ、バスも来たからうちの子も荷担。みんなヘタクソだから空振りしたり変な方向に蹴ったりして、そのボールが道路の方に行ったときは全力で追いかけたりした事が、運動不足の体にだいぶ効いたんだと思う。そして日曜日はやはりうちの子供達がゲームしてる最中、あたしは一人で外に出てボールで遊んでたら、昨日よっぽど面白かったか向かいの女の子が遊びに来て加わり、うちの子も出てきてまたわいわいと遊んだ。



 日曜日の午後の時点でその筋肉痛が酷くて、起き上がるのも大変な状況だったんだけど、一番つらいのは今回も腸腰筋。ズボンや靴下をはくために膝を上げるのがつらい。車の運転席へ乗り込む際に膝を上げるのがつらい。日本車だから特に左膝をあげて乗るわけだが、左が特に痛い。ほいで、普通に膝をあげるのは痛いから自分の膝を自分で掴んで持ち上げて生活する始末。ときどきこの腸腰筋の筋肉痛をやらかすが、その度に車の乗車が大変だって思ってる。あからさまに膝を高く上げなくても、通常の歩く程度の膝の上がり方でもしんどく、急いで歩こうとすると腕だけグングン振ってるのに足がついていかないみたいな感じになっちゃう。別にロボットのマネしてるわけじゃないんだけどそうなる。腸腰筋だけ目立っていたいけど、ふくらはぎとか内ももとかも地味に痛くて、生活に差し障るレベル。

 で、今年は上の子が小学生になって、これまでは考えなくて良かった夏休みって物に突入した。朝はラジオ体操に原則一人で行くんだけど、下の子が一緒に行きたがるからそっちに付き添って行くしかない。痛い痛いって言いながらロボット歩きでラジオ体操に行ってきた。たぶん毎日行く事になる。その上、毎晩子供会のねぷた作り作業に出なきゃ行けないし、小学生の親はやることいっぱいだ。カロリー不足を感じるのでもっと食おうと思う。特に今週はまだ奇数月で食って増やさなきゃいけないし。来週からカロリー不足に耐えれば、いつもの偶数月より効率的に減らせるかも。 

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。