忍者ポイントwww

2269 letters | 2559 views | コメントする

 汁ムゴ魚に限らず、あたしが関わってるサイトには手当たり次第にGoogleの広告を貼ってるが、その収益は全部合わせても月に1,000円とかにしかならない。一時期は3,000円くらい行ってたんだけど、まぁ、それらは検索エンジンスパムとしてのプチ成功から、間違いクリックしやすい配置とかが絡んでの話で、たいしてコンテンツも充実していない、クローラー以外のアクセスがほとんどないサイトばかりだから、それでもときどき間違いクリックするやつがいるもんだなと感心する。そんなだから、そもそもサイトにアフィリエイトとかを求める気持ちは全然ないし、余りにも少額だからGoogleさんから国際小切手を送らせるのも面倒で、これまでに2回か3回しか取り立てしてない。それでも広告をやめないのは、広告を提供しているのがGoogleだからであり、Googleには全てのページデータを持っていって欲しいのだ。広告のクローラーとインデックスのクローラーが違っていると言う事は分かるけれども、同じGoogleのクローラーなんだから、とにかく全ページ取得しに来いってことだ。儲けとかどうでも良いレベル。



 先日から無料ブログサービスをいっぱい申し込んで連携を試しているが、その一つとして、忍者ブログは連携に使えなさそうだからすぐ興味がなくなったけど、忍者AdMaxという広告配信ツールに興味を持った。忍者ツールズは漫画による広告に力を入れているようで、漫画に報酬を出すというサービスもやってるくらいなんだけど、あたしが忍者Admaxに興味を持ったのも漫画を見たからだ。

 パソコンを使って綺麗に仕上がってはいるが、漫画自体はどう見ても素人の絵であり、忍者が最も広告効果があると判断して素人から買い取った物に違いない。その広告効果のある漫画のさらに最も人目を引くであろうベストな1コマを見て、あたしはまんまとその漫画全てを見てみようと誘導されてしまったのだ。全然クリックされない、全然稼げない、ってたしかにそうなんだよ。特に物が売れて初めて報酬が入るアフィリエイトはからっきしダメ。間違ってクリックする人がいれば10円ぐらい入るタイプの広告の方がまだまし。そういう実感があるから、漫画のアイキャッチをクリックしちゃったんだな。「稼げます」じゃクリックしなかったけど、「稼げない」は見ちゃう。しかも、漫画を見て即決で申し込んだ。

 あれ?普通は申し込むと審査があったり、受取口座を書いたりでいろいろ面倒くさいはずなのに、忍者はそういうのなしで、とりあえずコードを作って貼れって感じだった。たぶん、忍者ブログを申し込んだ時点でいろいろ入力したから、それ以上の情報は不要って事だろう。広告を貼り終えてから、「そういえば報酬はどうやって受け取るの?」って探しに戻った。うん、あたしにとって広告の報酬はそんなに重要じゃないからね。受け取り方も気にせず先に広告貼っちゃったわ。後で確認したら、報酬は「忍者ポイント」で支払われ、有効期限は一年だそうだ。Googleの報酬が少額過ぎて面倒だから何年分も貯めてるあたしには、一年でなくなる上に円ではなくポイントって時点で、知ってたら申し込まなかったかも知れない。まぁ、ちゃんと現金化できるポイントらしいので、ポイントだからと言う理由で門前払いしなくても良いんだけど、なんせ名前が「忍者ポイント」だからな。子供の修行かよ。

 非常にデリケートな問題はGoogleとの共存で、忍者AdMaxにはAdSenseコードを入力する欄があり、自分のホームページに貼るのはAdMaxコードだけど、表示される広告は忍者かGoogleか自動で切り替わって多彩にやってくれるようだ。そういうやり方はGoogle側のポリシーに違反するのではないかという議論もある。個人的には、ぜひ赤信号をみんなで渡って正当化したいところ。Googleには元々、自己クリックしたくなる広告が滅多に出ないし、たしかにマンガで描いてあるとおり、同じ広告ばかり出てたらよその人もクリックしない。忍者AdMaxにAdSenseもオーバー何とかもみんなまぜこぜにして、自動で切り替わるようにして多彩にやってくれるのが、たしかに一番良いかもしれない。

 つーわけで、主要なGoogle広告はAdMaxに張り替えちゃったんだけど、ローテーションかなにかで自動的にGoogleも表示されているようで、希望通りに賑やかになったから今のところ良し。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。