WordPressで3サイト

1409 letters | 1198 views | コメントする

 サイトをCMSで作る場合、設定ページのほんの一項目をいじっただけで、サイト全体ががらっと変わると言う事もあるので、ヤバそうな変更をするときは本命サイトとは別に実験サイトを作ってやってみるのがいいかなと思っている。このWordPressで作ってるサイトの場合、例えば違うテーマを試してみたくても、今使ってるテーマにゴリゴリPHPを書いちゃってるから、サイトの機能を保ちつつ別のテーマを試すことは出来ないので、じゃあもう一つの非公開サイトの方で試してみようって事が出来るわけだ。そういう理由で、既に公開サイト1つの他に非公開サイト1つをWordPressで作っている。



 最初はいろいろ出来ないことばっかりだしバグってるしで、こんなのやめようかとも思ってたが、工夫して使えるようになってきたら、他のCMSでリニューアルしようと思ってた本業サイトも、WordPressでいけるんじゃないかと思えてきた。それに、CMSさえ使えば何も覚えなくて済むのではなく、やはり目的にあったサイトを作ろうとするといろいろおぼることが多くなるわけで、たくさんのCMSについていろいろ覚えるというのは効率が悪いから、やれる物ならWordPressで統一してしまいたい。これまではrNoteで統一して全部作ってたわけで、ブログを改造すればどうにかなるのはわかってるが、それでも出来る事と出来ないことがあり、出来ない事は我慢して使ってきた。WordPressではどこまで出来るんだろうかって事で、今とりあえず確認しながら作業中。

 作る目的が変わると使うプラグインも変わってくるわけで、今回の重要な要素はカスタムフィールドの編集と表示だな。日記をズラッと書くのが目的ではなく、商品を陳列して個別の詳細ページを作って、探しやすくタグを付けたりカテゴリでわけていく。その際、個別ページにいちいち個別でHTMLをコピペしてやっていきたくないので、商品情報入力欄だけ作って、デザインは専用のページで一回だけ書くって言うやり方をして、将来のメンテナンスを楽にしたい。rNoteでも個別の商品情報はXMLに書いて、HTMLはスキンの方に書いてたもんな。

 あと重要なのは、この汁ムゴ魚でもそうだが、旧サイトで使ってた個別ページのURLを新サイトの個別ページにキッチリ転送できるのかどうか。汁ムゴ魚ではrNoteで日付と時刻をURLにしてたから、WordPressのパーマリンク設定も日付と時刻にしたらバグって個別ページが表示されたくなったが、本業サイトは個別ページURLをカテゴリと商品名にしてたので、旧アドレスへのアクセスは商品名でリダイレクトすることが可能だ。URLに件名を入れさえすればバグは発生しないので、そっちは問題なしってところかな。

 そういうわけで、使ってるプラグインは以下の通り。名前は割愛。

  • カスタムフィールドの管理全般できるやつ
  • カスタムフィールドもタグもカテゴリも検索出来る様にするやつ
  • カスタムフィールドの項目で並べ替え表示出来るようにするやつ
  • カテゴリの並べ替え

 まだまだ最終的にはいっぱい入れると思うが、とりあえずこんな感じ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。