また大阪

1195 letters | 879 views | コメントする

大阪は4年前にも旅行したのだが、今回も同じグループで、完全に遊びで2泊してきた。
4年は微妙な期間で、同じところをもう一度見たいって思える場所もあれば、
前回も行ったんだからもういらないって思える場所もあり、それも人それぞれなので、
USJとか大阪城とか通天閣とか新喜劇とか、前回はかなり一般的な観光コースを団体で回ったのに、
今回は単独で好きなように食い倒れてみた。



1日目は梅田の第1ビルとか第2ビルとかいうのの地下に味のプロムナードとか言うのがあって、
そこでラーメン屋を二軒ハシゴして、そのまま夜はみんなと合流して宴会っていうコース。
るるぶ持っていったので、それに載ってあるラーメン屋を回るつもりが、一軒見つけられず、
でもビビッと来る店があったからそこに入ったりした。
二日目は朝ホテルバイキング食べ、やはりるるぶで見たネギ山盛りのたこ焼きを買い食い。
ヨドバシのオモチャコーナーで子供のおみやげを物色。
昼は新世界づぼらやで天然トラフグの一万円コースを酒も飲まずに一人で食べて、
おやつにネギ焼きスジこんにゃく入りをホテルに持ち帰って食べつつ、
夜は鶴橋でまた合流して焼肉宴会って感じ。
三日目は道頓堀をぶらついて、金竜ラーメンと山芋焼きを食べて空港集合。
今回ラーメンは合計3食食べたが、全てチャーシュー麺。
お好み焼きはネギと山芋だったが、まぁ地元では食べられないものをチョイスしたって感じ。
特にネギは、午前ネギだらけのたこ焼きを食べて午後ネギだらけのお好み焼きだから、
人間はこんなにネギばっかり食べて大丈夫なのかって気になった。
あと、やはりるるぶ情報だが、阪急の地下にミックスジュースがあるって事で、
これも別に何も目印になるものが無く、普通に改札入口に立ち飲みでジュース屋があって、
しかも別に特別変わったところもないミックスしただけのミックスジュースがあるのだが、
せっかく探し当てたんだから二回飲みに行った。

道頓堀に外国人観光客がいっぱいいて、たこ焼き屋がハングル語で呼び込みしてたり、
お好み焼き焼いてるお兄さんが英語で説明してたりして感動した。
昔は英語なんか勉強しても外国に行かないからっていう人がいっぱいいたけど、
普通に飲食業をやるにも何ヶ国語も話せなきゃ競争できない世の中がやって来たんだな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。