2回目のオフ

1392 letters | 1309 views | コメントする

奇数月はプロホルモンを摂取し、偶数月は摂取しないという予定で、
9月は1アンドロを、11月はリキッドロンを摂取し、12月はまたお休みしている状態。
1アンドロはオフに入ってからもしばらく体がつりやすかったが、リキッドロンもそんな感じだ。
つりやすくなると言うわかりやすい体感を基準に、薬が効いてるかどうかを判断しているので、
オフに入ってもまだつりやすいって事は、まだ高濃度で薬が体に残ってると予想している。
何となく横になっただけなのに大胸筋がつりそうだったり、運転中に内ももが軽くつったりが日常。
オフだからって急に薬が抜けるわけではなく、徐々に抜けていくみたいなので、
たとえ、オンで自己生産のテストステロンが減っていたとしても、その回復も徐々にで間に合うと思う。
体調に大きな落差は感じない。
1アンドロの時は、オンで肩が相当こって、オフで回復した感じがしたのだが、
リキッドロンではオンで肩こりをあまり感じてないので、今回はいっそう、オフだからって何もない。
しかし気分的には、オンは成長しなきゃと気負っているので、オフでホットして楽になった気はする。
ホットして楽になったのか、男性ホルモンの減少がだらっとした感じにさせてるかはわからん。
どっちにしろ、気分関連は薬より環境に左右されやすすぎて、オンとかオフとかの影響は小さい。



AMS公式サイトによると、舌下プロホルモンはメチル化プロホルモンの半分も威力がないが、
メチル化プロホルモンはオフが必要なのに、舌下プロホルモンはオフが不要だから、
オンとオフを繰り返すより、ずっとオンの方が最終的には効果が上がるって書いてある。
すなわち、舌下プロホルモンの真価は、ずっとオンで発揮される物であり、
だのにあえて一ヶ月おきにオフしてるって事は、単に弱いプロホを使ってるだけって事になる。
しかし真価は発揮されてないかも知れないが、別にそんなに真剣に鍛えてるわけでもないし、
オンとオフでメリハリ付ける生活の方が好きだから、これはこれで良い。

追加で注文してしまったエピスタンも、一日1カプセルしか摂取しないなら長期使用できるらしいが、
それでもやはり一ヶ月おきでやっていく予定。
で、エピスタンのショップ在庫は今日速くも補充され、この調子じゃまだまだずっと入手可能な気がするわ。
自分の体が、後何年後までプロホを欲しがってるかわからないので、
あまり何年も先までストックしても使わない可能性があって、たとえ市場から消えそうでも、
本当に買いだめすべきかと迷ったりする。
とりあえず1月にエピスタンを試してみて、1アンドロとエピスタンとどっちが本当に必要か見極め、
両方必要なら両方買っても良いし、どっちかしかいらないならどっちかで買いだめするかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。