ズルはいくない

1441 letters | 766 views | コメントする

最近、サッカー日本代表のホーム試合で、水をまいたという話をよくする。
試合会場のコンディションを一方のチームに有利なようにあわせることが出来るというのは、
例えそれがルール上問題なかったとしても公平ではない。
お互いのチームが、いろんな試合会場のコンディションを研究して攻略するってのはアリだと思う。
どちらに有利かとか関係なしに、会場の個性としてやるなら多いに結構だ。
でも、ホームである日本のチームによる要請で、一方の言いなりに偏るのは、スポーツとして問題だ。



キン肉マンの世界なら、半魚人みたいな悪魔超人が海上リングで戦う不公平も漫画だから成り立つ。
そんな漫画の悪魔超人みたいな汚いマネしてまで勝ちたいのか。

日本でやった日本のズルだから、日本人としてあまり腹が立たなかったが、
よその国に試合に行った時、わざと日本人の慣れてないコンディションにして戦う国なんて許せない。
選手が卑怯なのなのではなく、そこのサッカーの組織が卑怯で、
唯一公平であるはずの芝やボールが敵についたらもうスポーツなんて成立しないだろ。
そんな卑怯なことをやってるなんて、たとえやってても公言できないと思うのだが、
テレビで平気で言っちゃうほど当たり前にやってるのがおかしい。

たとえよそでもそれをやってたとしても、せめて日本だけはやらないでくれよ。
2002年のW杯で、フェアなホーム開催を行った事は、サッカーで負けても誇らしいことだった。
今はもう弱い上に卑怯で、一体何を応援すれば良いんだ。

特に先日のウズベキスタン戦は、ホームだから勝たなきゃいけないと何度も強調されていたのだが、
それを聞いて、別にホームかどうかに左右されずにコンスタントに勝たなきゃダメだろうと、まず思った。
そして、いや、サッカーはホームかどうかに大きく左右されるらしいぞと思い直した。
応援で力が出るというが、力は練習で出る物であって、努力によらない力を応援する気はない。
サポーターの思い、祈りなどで結果が変わるオカルトなスポーツには興味はない。
一生懸命やったやつが、ホームでもアウェイでも勝つスポーツじゃないと全く観る気がしない。
それでもサッカーはホームで勝つとかいう。
ホームだから勝たなきゃっていう発想が、ホームだから応援して勝とうではなく、
水をまいて勝とうとか、レーザーポインターで勝とうとか、そういうズルで成立してるのは嫌だ。

そう思ってみていたら、反則が審判に見つかったかどうかを気にする姿が実にあほらしく見えた。
他のスポーツでは反則はしないべきだが、サッカーでは見つからないようにやるべきなんだよな。
うまくズルした方が良いスポーツってあり得ない。

日本はこういうスポーツが強くなるべきじゃないかも。
相手がいかに汚いことをしてきても、フェアに勝つ事ができるようなものが流行るべきだ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。