アーカイブ

タグ: ‘実戦’ の記事

ワサコレの4周年グランプリはあえてバッカの1TOPで挑むことにした。 2TOPの方が強い。 それも、バッカじゃなくネイマールとフォラントの組み合わせが強い。 少なくとも2TOPではミドルなしのバッカはかなり不利だ。 ミドルなしだけじゃなくスピドリ持ちなところも不利だ。 深く切り込みすぎてとんでもない角度でシュートするから入るわけがない。 良い角度で良いミドルシュートをするフォラントの方がよっぽど強い。 コスト38のバッカですら、コスト3…続きを読む

 ワサコレの引退引き止め報酬ブラーボを土日のスキルマッチで極めて使ってみた。コーチカードは常に30枚以上で売るほどあったから、スキルカードさえ集まればすぐGKは極まるんだ。今は新しいGKを獲得した喜びよりも、その倉庫圧迫してた30枚のGKコーチカードを減らせたことが嬉しい。もう今後はGKコーチカードを一切貯めない。もしコスト31ブラーボより良いGKを獲得したら、その時あらためてコーチカードを貯め始めるわ。だってこれ以上は違いがわからない…続きを読む

966 letters | 343 views | コメントする

 ワサコレでの超強化試合の頻度を考慮し、持ってるエナボ13個分すべて全力で使おうと思っていたのだが、11個使ったところでタイムアップ。途中で一回レベルが上がったので全部で39試合出来た。デヨンクに必要な21枚と、エジルの分3枚の計24枚獲得でまあまあの成果だ。もし次の超強化でまた24枚獲得出来たら、1枚リーグポイントで補ってエジルも極まるなぁって所。ただしエナボの配布具合にもよるので、やっぱり来月になっちゃうかな。ゆっくり育てると言って…続きを読む

ねぷたでカメデスを使いまくったが、とりあえず撮影機能に関しては狙い通りだ。 狙い通りというのは、待てる余裕があれば手ぶれ補正し、ここぞと言うときは補正キャンセルで即撮影と、 従来のカメラでは設定を切り替えなきゃ出来ない部分を、切り替えずに出来るという恩恵にあずかった。 もう手放せない。 ギャラリー表示もキャッシュ管理で高速化し、大変便利になったんだが、 問題は個別写真を表示するのが遅いことだ。 こればっかりは、個別写真をサムネイルと同等…続きを読む

930 letters | 1764 views | コメントする

死活の基本は実戦で頻出する型を扱うので、実戦型の詰碁と範囲がかぶるようだ。 石田芳夫の実戦詰碁は、他の本で基本死活として書かれている内容とかなり重複していた。 ただし、本のタイトルで実戦詰碁と書いてある場合、実戦で頻出する型を扱っている物ばかりではなく、 プロの実戦を題材にした19路盤の問題という意味だったりもして紛らわしい。 また、基本詰碁というタイトルだと、それは詰碁の基本であり、死活の基本とは別の内容になる。 最近の目標の一つとし…続きを読む

1072 letters | 1408 views | コメントする

とあるサイトでのレビューを見て良さそうだったので、自分で立ち読みすることなくAmazonで詰碁を買った。 名前がまぎらわしいのだが、「六段挑戦の詰碁」ではなく、「六段合格の死活」でもなく、 「六段挑戦の実戦死活」は、六段と書いてあるけど初段レベルだという事と、 著者が趙治勲であることとの二つの理由で、ふと手を出してみた。 失敗は覚悟しての上。 案の定、黒番統一はナシだったので、頭の切替に毎問1秒くらいロスする。 正解図も、正解ページのど…続きを読む

1813 letters | 674 views | コメントする

パチリコのサイトをまだどんどん読んでいる所だが、この人はかなりの年配なんだね。 囲碁の五段よりも指導方法の研究よりも、とにかくサイトを作ってる事がすごいっていう年齢だ。 それほどのベテラン指導者の目から、初心者をどういう風にみているのか、大変参考になるし、 同意できない点もたくさんあるが、その通りだとうなずける点もやはりたくさんある。 定石を教えないとか、19路盤は有段者からでいいという考えは、本当にその通りだと思う。 本来、ルールしか…続きを読む