マッスルショットのリセマラ

 以前はiPhoneのゲームであってもモバゲーから出てるやつはアカウントを作らなければならず、モバゲーなだけであきらめてたんだけど、モバゲーだと気がつかずにダウンロードしたキン肉マンのソシャゲを起動して、DeNAロゴが出て来たとき失敗したなと思った。でも今回はどうやらアカウント作成ないらしい。中身が完全にモンストだった。だからアプリ名がマッスルショットか。ジョジョSSも当初はモンストっぽいと感じたが、マッスルショットの完全パクりっぷりに比べたらまだまだだ。例によってリセマラしてみたんだが、さすがにガチャで法律スレスレをやってきた歴史があるモバゲーだから、ガチャの☆5確率は5%であると明記されている。これを見たらかなりの良心的な部類だろうと思っちゃったんだけど、実際やってみたらこの確率表示にはあまり意味がないことを思い知った。と言う話を書く。



 マッスルショットのリセマラは一周につき招待コード入力分も込みで3回ガチャする事ができる。その時点でのガチャイベントは、モンゴルマンとボーンコールドが確率アップって事だった。確かに体感の☆5確率は5%くらいだった。でも☆5と言ってもチェックメイトとハンゾウとバッファローマンなんだよ。リセマラ中にゲストの☆5キャラを使ってみた感じだけでも、この3キャラは弱いってわかっちゃう。ゲストで強いと感じるのはウォーズマンとか角が折れてる闇バーションのバッファローマンだ。闇バーションは期間限定なので今は出ないらしい。じゃあウォーズマンかせめてその時に確率アップ中のモンゴルマンでも良いから出ろよと思いながらリセマラ。うん確かに☆5は5%ぐらいだけど、5%の内の4%くらいゴミで、使える☆5は確率アップしても1%未満だろうという感じ。だから☆5全体の確率を明記してても意味がないんだよ。当たりは5%未満であると言うことがわかるだけで、それが1%未満なのか0%なのかわからないもん。☆5が当たりだと解釈すればこれは法に触れないが、☆5の中の一部だけ当たりでしかもその確率は極めて低いって解釈されればこれはアウトかもな。さすがモバゲー。書いてなきゃ文句も出ないのに、書いてるせいで逆に脱法ガチャだわ。

 気分を変えてうちの次男にガチャやって貰ったら、3回中2回☆5を出した。ボーンコールドとバッファローマン。ボーンはウォーズマンほどじゃないけど悪くないし、バッファは貫通だからバランスも良い。このアカウントを招待の親にして、いよいよ自作自演招待をしつつのリセマラ。自演招待は30回がリミットで、計150超人玉獲得出来る。さらにストーリークリアで50超人玉貰って、11連ガチャを4回やった。44連で出た☆5はケビン1個のみ。ケビンはボーンと同じ水属性でかぶっちゃうし、友情がバッファの横バージョンだからバッファより使えない。自演招待打ち止めまでやってこの三体だったら不満が残る。なにより、普通にストーリークリアしていってるのにフレンド申請が一つも来ない。こっちの申請も一切承認されない。それって、ボーンがリーダーではダメってことかなと。

 つーわけで今度はその自演招待中に出たケビン1のアカウントを親にしてまた自演招待リセマラ。10人まで来たので11連ガチャしてみたら☆5三体含まれて、ケビン2体とようやくテリーマン。さらに10人でチェックメイト。現時点で、ハズレ☆5は何が何体いても一緒で、大当たり☆5が1体でもいるかどうかが重要だと思ってて、たぶんテリーマンは大当たりだからこっちでいこうかと。ただ、こっちのアカウントには貫通持ちがいない。貫通なし、炎ロープ耐性なしだからウォーズマン欲しいけど、確率の壁が高すぎてもう始めちゃうか。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。