嘘つき国家で暮らすこと

2029 letters | 706 views | コメントする

 昨今の日本が外国ともめている多くの事案について、丸っきり日本の二枚舌が原因で、日本が全面的に悪いと思えることが多くて非常に残念だ。先日はまた捕鯨の件で残念だとか言ってるけど、調査できなくなるのが残念ではないじゃん。クジラを食うという文化を守りたいがゆえに、建前上の調査捕鯨をしていたために、その調査捕鯨がダメって言われることがすなわち文化を守れないことにつながって残念なんでしょ。クジラを食うことは以前から既にダメなのであって、ダメって言ってるのに調査だと偽って食ってたから調査もダメって言われたのであって、偽りなき調査で食文化は断念していれば誰も文句は言わなかったんだ。他国が日本に対してクジラを食うなって干渉することが良い事かどうかは別として、他国に対する嘘は確実にあったわけだ。日本国内ではこれを嘘ではなく、本音と建前なんて呼ぶけれど、それを外国に対しても押し通そうとするのは自分勝手な話だ。これは日本びいきで見ると日本に言い分があるように思えるが、ひいきせずに公平に見ると嘘つき国家にはどんな言い分も信用して聞いて上げるべきじゃないと思うんだ。百歩譲って調査捕鯨が必要だとして、それでも調査捕鯨と称してスーパーでクジラ売ってる日本以外の、クジラを食わない国でやるべきだ。クジラを食う上に嘘をつく国で調査なんて、まともなら誰も賛成しない。これを通そうとする日本人は頭がおかしい。嘘を通そうとして出してくる言い分はことごとく嘘であり、全く信用ならない。ホント日本人恥ずかしい。



 そして何が集団的自衛権だよ。いやあたしも必要だと思うけど、それのために嘘で塗り固めなきゃいけないじゃん。憲法で軍隊はダメって言ってるのに、解釈だなんだと言って軍隊は今あるじゃん。軍隊はあるのに軍隊はないって言ってることは明確な嘘なのに、学校で軍隊はないって教えるのはいかがなものか。日本の学校はどうしてこうわざと嘘を教えてコントロールしようとするのか。本当のことを言おうとしてるが間違ってしまうと言うことではなく、あえて嘘を言ってコントロールしてるじゃん。もう社会科はほぼ洗脳目的で時間を潰してるような物で、無駄な暗記と国益を考えた嘘の教育に終始してるわけね。まず嘘は認めなきゃいけないわ。解釈とか言ってるのは国民は社会科でアホにされてしまったからだませるけど、日本の学校で教育を受けてない外国人には通じない。だから外国から見たら日本は軍隊を持ってるくせに嘘ついて隠してる危険な国でしかない。その件に関する言い分ももちろんあるだろうが、それこそ嘘を押し通すための嘘を重ねるものであり、聞く価値は全くない。マジ卑怯極まりないのが日本という国だ。

 教科書に尖閣を載せるのも、領土問題は存在しないって載せるわけでしょ。ちがうじゃん、領土問題はあるじゃん。日本ではそこを日本の領土だと言ってて、向こうでは向こうの領土だと言ってもめてるって事が真実であって、もめてすらいないとかって言う事を教えるのが教育か。とにかく国益にあうように嘘でもなんでも言って押し通すだけの教育は洗脳だろ。竹島は日本固有の領土ですと主張してるけど、そうでないと言ってる国もあって結論が出てないよと教えるのが教育であって、よその国は間違ってると教えるのは洗脳だろ。嘘つきすぎるわ。もちろん北方領土も、終戦後に占領されたって話にされてるわけだが、日本が勝手に降参したあとで向こうがまだ降参を認める前の占領だからもめてるわけで、一方的に取られたとだけ教えるのは教育じゃなくて洗脳だろ。でもそうやってわざと嘘の教育をすることが国益な訳で、国益のために嘘ついて当たり前の国なんだよ。正しいことより得することを優先する国民性なんだろうな。嫌になる。

 靖国だって慰安婦だって、元を正せば二枚舌とか嘘とかのせいで、それが日本国内の教育を受けてアホになった日本国民をだませてはいるが、日本の嘘教育を受けていない外国人をだませてないところに問題があるんだ。以前は外国が嘘の教育をしていると言うことでよく話題に上ったが、その話を笑えるほど日本は本当のことばかり教えてないじゃん。嘘か本当かって判断するのは難しいけれども、嘘は突っ込まれるともっとひどい嘘で防衛するじゃん。それって捕鯨の話題も軍隊の話題も領土の話題も、どれも他国に突っ込まれて当然の、嘘を嘘で防衛した酷い話だからバレバレって事なんだよ。何も塗り固める必要のないクリアな話でそんなにもめるわけがない。もめるのは日本が嘘つき国家だからなんだよ。いや国内にいるとそういう風には感じないけど、日本ともめてる国は日本のことをすげー嘘つきだと感じてるはず。昔戦争でどうしたとか今クジラ食ってるとかいうこと以上に、その件でもめてみて対応の嘘つきっぷりに嫌気がさしてるはず。安倍ちゃん、もう嘘はやめて。とほほ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。