陛下に手紙の件

2059 letters | 959 views | コメントする

 マジでよくわからないで書くし。まぁ確かにこれは直訴みたいなもので、昔やってたら命がけの行為だったのかも知れない。でも今の世の中で手紙を渡すことがそんなにおかしい事なのかと。他の人はそういう事はしないのか?しないって事なのか?その辺の事情もわからない。普通に安倍晋三とかが陛下に手紙書いたりはしないのかな。園遊会で長嶋茂雄となにやら話し込んでいたようだが、話はするんだから手紙もいいんじゃないの。それとも山本太郎は参議院議員だからダメなのか。議員じゃないのに園遊会に来たって人なら手紙を渡しも問題にならないんだろうか。そして政治利用ってどういうことか本人がわからないって言ってるのに、どうしてそこを明確にしないで話を進めてるんだろうか。意味のわからない質問にわからないと答えて、非常識だって非難されて答えは教えて貰えないってなんか不自然じゃないの?



 そもそもこれを問題視している人達の見解は統一されているのだろうか。議員だからダメなのか、長嶋茂雄でもダメだったのか、被災地を訪問したときに子供達から手紙を貰ってもダメだったのか、それがどうしてダメなのかについてみんな一緒なんだろうか。一緒なら何でこんなに曖昧なんだろう。「法律で禁じられなくても常識としてわかる」から言わないらしいが、やった本人がわからないって言ったのを聞いてなかったのか。本当にこれ明確な線引きでもあるのか。線引きのないことを常識だ見たいに言う事が、まるでその辺をわかってない人を見下して偉そうにしてるみたいで嫌なんだよ。すなわち山本太郎を差別してるんじゃないのかって感じてるわけ。確かにメロリンキューで裸で踊ってた人だし選挙も原発反対の一点だけで勝ったから、他のことも勉強している政治家連中には面白くないかも知れない。その面白くない相手をさ、自分は勉強してて常識があるからわかるし、あいつは勉強してなくて常識がないからわからないで片付けて、何がどう問題なのかの部分は曖昧なまま話をするってのは卑劣じゃないかってな。いやマジでダメだと思う。山本太郎の味方したいわけじゃないけど、山本太郎に対する不当な差別を感じずにはいられない。これ、もし議員でかつヒーローでもあるYAWARAちゃんが陛下に手紙を渡したらどうなってたの?って話よ。そりゃ決してここまでコケ下ろされることはなかっただろうし、わからないって言ったらどう悪いか教えてるだろうさ。今回の問題は、手紙が云々ではなく山本太郎より自分の方が偉いと思ってる方々の、ついつい無意識でやってしまった差別なんだと思う。

 んで差別関係なしに公平にその行為はどうなのかって話も。この手紙の内容が「お体に気をつけてください」なら山本太郎でも問題なし。由紀さおりがCDをプレゼントしても大丈夫。でも原発反対だと問題になる。YAWARAちゃんがやってたら大丈夫でも、山本太郎だったら問題になる程度の微妙なラインなんだろう。原発じゃなくて例えば憲法改正についてだったり消費税についてだったら、たとえYAWARAちゃんでも政治利用だって言われちゃうと思う。別に天皇陛下に手紙を渡したって何も政治に利用は出来ないんだけれども、天皇陛下のポジションは象徴という微妙な言い回しで地位は最高だけど何も政治に関わりません的な扱いだから、そもそも手紙だけじゃなく口頭でも陛下にあまりデリケートなことを言っちゃいけないんだろうな。いけないって言っても陛下もいろんな人と会ってるんだから、当たり障りない会話しかしないってのはまず無理だろうし、ちょっとくらいはみ出たことを言ってしまったりしてオフレコ扱いにはなってるんだろ。バカじゃないんだから、皇室の人だって原発のこととかも考えてるし、発言は出来ないとしても消費税のこととかも気にしてるさ。その辺はすなわち子供に大人の話をしないのと一緒で、理由を聞かれても困るがわかってくれよって事だろ。いや、あたしは全然それをわかる必要なんてないと思うけどね。うちの子供には一切制限なしのiPadを一台ずつ与えてるし、興味を持たれたらタブーにも答えるわ。そして天皇陛下の立場というものが微妙であったとしても、何がどうマズいのかを濁して常識を理由に山本太郎を差別するのは卑怯だわ。そうではなく、国会議員が天皇陛下に国会で決めていかなければいけないような話題を含む手紙を渡すと言う行為が、将来的にどんな問題を引き起こすだろうとかって言う話をしなきゃいけないだろ。山本太郎はそこまで考えずにやったわけで、他の人だって誰も詳しく教えなければ同じようにやるかも知れない。それを食い止めたいなら、山本太郎を差別したり罰したりするのではなく、何がどう問題か言ってしかもそれが正しいかどうか、本当に問題のある行為なのかどうかを話し合えって事よ。つーかそれを仕事にしてる人達だろ。仕事しないで差別してるとか、そっちこそやめさせろ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。