初めての光よせ

1376 letters | 664 views | コメントする

 進化素材が足りてようやくバステトを究極進化させたわけだが、まだまだ実用段階にはほど遠い。しかしそれでも面白がって実用させている。まずフレンドでバステトを使ってる人が全くいなくて、ついこの間までホルスだらけで最近ようやく闇メタのフレンドが増えてきた所なんだけど、今日から極力リーダーはバステトにしておいて申請来やすくしてみる。フレンドでバステトはいないけどクシナダはチラホラといるので、とりあえず間に合わせでクシナダを選べばどこへでも行ける。むしろ上手になればバステトよりクシナダの方が倍率は高くなるはずだから、バステトはクシナダの練習程度じゃないかという印象さえあった。



 虹の番人をいっぱい仕入れなきゃいけないので、バステトとクシナダで何周かしてみたんだけど、相手の弱点属性の光キャラをいっぱい入れていくとかなり強力だ。1回だけどうしてもコンボが伸ばせずに一発食らう事になってしまったのだが、メンバーがまだ弱すぎて一発で死ぬ状態をクシナダのスキルでダメージ軽減して切り抜けた。このシーンはバステト同士だったら死んでたのか、はたまたクシナダなせいでコンボ数稼げなくてピンチになったのかは不明。どっちにしろ、盤面で5コンボはだいたい出来るんだけど、6コンボはどんなにがんばっても数秒の短い時間では揃えられなさそうな事が多い。自分でやってる間隔では盤面で揃えられるところを全部揃えて大満足だってくらいまで揃えて5コンボ止まり。ちょっと盤面がラッキーな配置なら6コンボ可能。アンラッキーな盤面で5コンボも無理そうな状況はあるが、4コンボはさすがに大丈夫。その最低攻撃力が保証されてると言うところが、クシナダより最高攻撃力が低い事と、オオクニヌシよりコンボ数が多くないといけない事で埋め合わせられてるんだな。だとすればバステトはヘタクソの練習キャラであって、いずれうまくなって他にシフトするんだとすれば今あまりプラスタマゴとか使うのはもったいないかも知れない。

 本当は回復タイプで揃えてエンハンス使って強敵を倒すような感じを目指せばいいんだろうが、メンバーが育ってないのでとりあえず諦めて、単純に光のメンバーを多くして使っている。闇のメンバーを揃える機会は序盤から多かったので闇は結構充実してるんだけど、光で揃えるってのは今回が初めてかな。よその人はとりあえずゼウスっていう時代があったわけだが、あたしはホルスばっかり使ってゼウスが嫌いで使ってなかったので、ゼウスのための光メンバーってのを育成していない。ヴァルキリーは副属性があるしホルスとの相性もいいので育ってるが、他にろくなのがいなかったりする。ましてや回復タイプがついてるヤツは全然いない。まぁとりあえずまだレベル60代だがヴァーチェを究極進化させてスタメン入り。攻撃タイプだがアーサーが変換持ちだしちょうどよくスタメン入り。残り1枠で進化前アテナとか入れて見てるが、これだったら一応でも進化させたゼウスの方がいいかも。最終的には回復エンハンスを狙っているので、回復じゃない光をあまり育てる気はない。それでも育てたいキャラが光に偏りすぎて、光ゲリラをやらなきゃどうしようもなさそうで、ゲリラをやってもキンゴルはヒカりんに使いたいしで金がかかりそう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。