LBL習得

1131 letters | 1229 views | コメントする

ツクダ式は簡単だけど遅いらしいので、もっと速いLBLを習得しようとネットで調べる。
LBLは最もポピュラーなやり方らしく、ネットで出てくるやつはみんなLBLばっかり。
でも各サイトで説明がわかりやすかったりわかりにくかったり、図が紛らわしかったり、
やりながら覚えるためにサイトナビゲーションがうまかったりなど、いろんな差があって、
あちこちのサイトを見ながら一番意味がわかるところに徐々に落ち着き、
そこのサイトを見ながら何度か揃え直してたら、ツクダ式よりは苦労したけど見ないで出来るようになった。



しかし他のサイトと簡単なサイトを比べてみると、回し方が少しだけ違ってる。
どうやら難しいLBLを少し簡単にアレンジした物だったようで、少し遅いらしい。
特に最後の一面の作り方が、角の位置替えと方向替えという二段階に分けてるところが違う。
さらに、この簡単なサイトですら右回りと左回りを使い分けてるのに、
あたしはとりあえずその片方だけ覚えて、二回やればもう片方を代用出来るってやり方をした。
だから暗記してる手順は最小限なのだが、それでもツクダ式より速い。
ツクダ式が5分位かかるところを、簡単版LBLで3分って感じだろうか。
まだ慣れてなくてもそのくらい速いので、もうちょっと練習すればもっと速くなるだろうし、
右回りしか覚えてないところを左回りも覚えればもっと安定するだろう。
ちゃんとしたLBLを覚えればもっと速くなるかも知れないが、とりあえず簡単LBLで慣れてみよう。

最初の一面は出来て当たり前だと思ってるので、やり方を見るのも面倒くさいが、
これが自己流なせいで意外と時間を食ってるかも知れないと思うと、確認が必要かも知れない。

キュービックルーマンのように一分で出来るようにはなれそうもない。

B0007LBEE8
B0007LBEE8

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。