プロトレック買った

1815 letters | 906 views | コメントする

連投。
時計が欲しいからアマゾンで調べてたら、なんとなくそのままアマゾンで買ってしまった。
欲しいと思ったその日に買ってしまう程度の値段の範囲で。
http://casio.jp/wat/PROTREK/products/thermo.html
これのウレタンバンドの方を30%引きにて。



ポイントとなったのは、電波での自動時刻調節と太陽電池だ。
どちらも携帯電話の利便性に、従来の時計が負けている分を補う機能だ。
携帯電話の時計だと電波で調節してくれるから狂うと言うことがないわけだが、
これに慣れたらもう腕時計が狂うなんて絶対許せなくなってしまうんだな。
だから、次に時計を買うときは絶対に電波と決めていたわけだが、
はたしてこの時計用の電波が青森県まで届くかどうかは不明。
太陽電池という点も、携帯電話に慣れたら時計ごときの電池の心配をしたくないから。
電池が切れて遅れたりするとかって最悪。
そういう心配をするくらいなら、腕時計はやめて携帯電話でいいじゃないか。
だからどうせ金を払うなら、せめて携帯電話に負けない時計じゃないといけないわけよ。
ま、800円とかの時計なら携帯電話に負けてても買っちゃうんだが、
それ以上の金を払うのであれば、電波とソーラーは必須機能になってしまう。
アナログかデジタルかって点については、偏見かも知れないがアナログは遅れやすい気がする。
電池がなくなってきたとき、デジタルは表示が薄くなり、アナログは遅れる。
電波でソーラーな時計でこんな心配をする必要はないかも知れないが、なんとなくデジタルで。

つーことで、アマゾンに新しくできた時計コーナーで、電波でソーラーでデジタルな時計を検索したら、
1万円を切るやつがあったのでほぼ即決だ。
何年か前にもふと時計が欲しくなったことがあり、その時は近所で探したのだが、
電波のみ、ソーラーのみ、電波でソーラーだけどアナログ、しかも3万円以上からって状況だった。
今は望みの物が望みの値段で手に入るので、その時に買わないで良かった。
別に釣りには行かないので潮はもう必要ない。
温度センサーなるものも必要ない。ましてや水につけて水温を測るなど非常識な事はしない。
いらないからってそのぶんの機能を削った安いやつがあるわけでもなし、
これが電波でソーラーでデジタルな時計の最安ラインだと思って、出せる金額とも一致したので決めた。
チタンバンドの方にも興味はあったのだが、三つ折れダブルロックって肉挟みそうなマイナスイメージが。
5000円ほど多く出してまでチタンバンドが必要でもないのでウレタンバンドの方で。

で、この時計の10気圧防水って書いてあるので思い出したんだけど、
倒産セールの時計が800円相当に見えた一番の理由は、「生活防水」って書いてあったことなんだよ。
本当にあれが元は2万の時計だったら、生活防水程度なわけないよなぁって思ったの。

一番重要な見た目については、まぁ恥ずかしくはない程度なんじゃねーの?

B000LOXTYO
B000LOXTYO

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。