煉獄弐#2

1906 letters | 940 views | コメントする

やっぱり序盤で戦い方を確立してしまい、そのまんま最後までクリアできた。
近接で隙がない浮かせ攻撃である、爪を3箇所に装備することで、爪-爪-爪のコンボが入る。
最後にトドメの、攻撃力が高いバズーカまで全部入る。
この戦い方で、ザコのみならずボスも倒せた。
ラストあたりで、敵ザコがやってきた攻撃で、3段の浮かせを連続でやられて苦しんだので、
その武器が欲しいわけだが、そいつを倒せば確実にその武器がもらえるわけでもないせいで、
どれを装備すればその三段浮かせ攻撃ができるのかわからないまま、割と簡単にラスボス撃破。
すると強制的に二周目が始まる。
「強制的に」って、別にセーブファイルを複数用意すれば強制ではないのだが、
あたしゃ一箇所にずっと上書きしてるので、もう一周目には戻れない。



二周目は敵が強くなるのだが、装備品ではなく装備者が強くなってるのでタチがわるい。
一周目の後半で出てきた強い武器が欲しくても、もう取りに戻ることはできず、
倒しても一周目と同じ弱い武器しかくれないやつらを倒して、二周目の後半を目指すしかない。
ラスボスは迂闊に倒してセーブしてはいけないゲームだな。
といっても、すでに爪三つとバズーカの戦法は確立されているわけで、
全く同じ戦い方で勝ち進むことができ、足りないのは特定のボス対策で使用した防具など。
倒し終わったボス対策はいらないと思ってすぐ換金してたからまた取り直しだ。
後半に出てくる上位版防具ではなく、前半に出てくる下位版防具で戦うことになるだろう。

ということで、二周目の一階と二階を難なくクリアしたが、三階の小ボス部屋で燃え尽きる。
同じ事の繰り返しだと飽きてくるし、新しいことを今から初めても勝てる気がしない。

ゲームオーバーになってやる気が減少し、ようやく関係な場所をぶらつく余裕ができたら、
死んで復活した場所の近くにエクストラダンジョンへの入口があるのを発見。
そういや公式サイトにも書いてあったな。
そこには三つの活性化されたワープと、活性化されてないワープが一つある。
つまり、三つの隠しダンジョンをクリアしてからいける、隠しのそのまた隠しがあるって事だな。

まずは、ABCのうちのAに突入してみる。自給自足のローグ系?を目指した物か。
これは良いアイデアかも知れない。
本編では爪を手に入れたらそれしか使わなかったが、ここでは気に入らない物も使う必要がある。
こっちの方が面白そうじゃね?とか思いながら進めてみたが、飽きは早かった。
もう面倒くさくて、次々進んでいったら敵が強くて負けた。
ローグ系なら負けたらお終いだから、これで外に出れるかなと思ったら、3階ほど下層に戻されるのみ。
勝つまで出さない気なら勝ってやろうと、まじめに強化しながら進むと本当に長い。
11階でようやくボスとセーブポイントがある。
何度か負けて、3階ほど戻され、また駆け上がってまた挑戦するの繰り返しで、何とか勝利。
12階以降に登るけれど、次のセーブポイントはまだまだ先なので、スリープモードで終了。
なんかやらされてる感たっぷり。

そんなに面白くもないんだけれども、次々に目標が提示されるため、ついついやってしまう。
据え置きのゲーム機の方が、プレイ時間が長いゲームに向いてそうに思っていたが、
スリープ機能があるおかげで、携帯ゲーム機の方が長時間プレイ向けなのかもな。

B000EDC5FG
B000EDC5FG

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。