トレントについて#2

先日は、自分にとって使い道がないと結論を出したが、なかなか良い使い道があった。
それは、DSのROMで最新の物を入手したいときだ。
とか書くのは結構恐ろしいのだが、こんな話題は雑誌にも堂々とやり方が書いてあるから、
それに倣ってブログに書いて咎められることなどあるまい。



さて、DSのROMと言えば、雑誌では中国のサイトからダウンロードしろと書いてある。
そして、雑誌に取り上げられたサイトから順番に混雑していき、
その混雑によって、個々のダウンロード速度が極端に低下する。
本来であれば数分でダウンロードできるサイズでも何時間とかかるようになる。
その対策として中国のサイトは、会員制にしたり日本のIPを拒否したりする。
速度が遅くなったサイトも、ダウンロードが面倒になったサイトも、使い物にならない。
というか、速くて簡単なサイトは星の数ほどあるので、別のサイトでダウンロードするようになる。
しかしそれだと、普段から中国サイトを巡って、使えそうなサイトを探すという労力が必要になるわけで、
よっぽど暇な人だけが、その暇をサイト探しにつぎ込んだ分、ダウンロード時間を減らせるだけだ。
たとえ遅くても面倒でも、既存有名サイトでまったりとダウンロードする方がよっぽどマシ。

で、それだと遅くて耐えられないから、nyとかShareとかに誰かが放流するのを待つ手もある。
こっちはこっちで、捏造ファイルやDSを破壊するファイルが流れているらしく、嫌がる人も多い。
あたしの場合は、落としたファイルは必ずOfflineListでリネームしてから使ってるので、
捏造やウィルスが混じっていても、また別のファイルを落とすだけだからたいして問題はない。
http://blog.livedoor.jp/p-3474574/
http://aabb6467.hp.infoseek.co.jp/
ただし、やはりアタリのファイルを見つける労力もあるわけで、Shareで落とすのも面倒くさい。
むしろShareは古いDSタイトルをまとめて落とす際、信頼できるファイルほど参照量も多くて素敵。

というわけで、中国もShareも、最新ファイルを落とすのは面倒なので、トレントで探してみた。
やり方は、Googleで「NDS torrent」でググって、出てきたサイトでNDSと入力してゲームを検索。
するとやっぱりゴロゴロとファイルがリストアップされ、それをFlashGetにドラッグドロップすると、
中国サイトでは考えられない回線速度MAXで、Shareのように捏造もなく楽々ダウンロードできた。

そもそも捏造ファイルが存在するのは匿名性の弊害による物なので、
トレントのように放流主を簡単に特定できるシステムでは、捏造の心配はほとんどない。
その上、サイトでの配布が難しいファイルを分散させるのがトレントの目的なので、
中国で混雑するような状況であれば、トレントで入手するのが最善ということになるのだろう。

毎日ダウンロードに精を出す人なら、中国探索でもShareで探索でもいいだろう。
でも、たまに欲しいものだけ、しかも発売日にダウンロードしたい人ならトレントもいいね。

雑誌では、PSPやPS2の巨大ファイルだけトレントで入手しなさいと書いてあったけれど、
DSのファイルも小さいわけではないので、新しい物ならトレントが一番効率的なようだ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。