再変換時メモ帳互換の語句選択

語句を選択せずに再変換キーを押した場合に、
自動的に周辺の語句を選択して再変換されるわけだが、
この時の自動選択を、内部のワードセレクトでやってきたが、
メモ帳等と同じように、IMEに任せるようにした。
Readme.txtの最後の行を例に出すと、
内部ワードセレクトは「詳しい」「対策方法は」で単語を切り、
ATOKは「詳しい」「対策」「方法は」で単語を切る。
「対策」と「方法」を切ること自体、語句の意味を解析しなきゃ無理で、
ここはセオリー通りIMEに任せるようにした。
ここでいうIMEとはMS-IMEだけではなく、ATOKも含む。
というか、あたしの場合はATOKしか使ってない。



これはこういう風に動作するのが当たり前であって、そうやって作るべきなんだが、
うまいこと動くサンプルや資料が見あたらなかったため、
今頃になってやっと対応してるという状況だ。
現在公開されているソースコードにも、うまく動かないというコメント付きで、
この動作をやろうとしている部分が書いてある。
とにかく、うまく動作するようになったので次回アップからはそうなる。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。