ケリ姫にハマった

2039 letters | 966 views | コメントする

 女神転生が送られてきたので本当はそっちだけ集中してやりたいところだが、iPhoneのゲームがどれも時限ものばかりで、今やらなきゃって気にさせちゃうので忙しくなってしまう。これだけ忙しいと面白くないものは切り捨てなきゃいけなくなるが、ぷよクエがホントにクソつまらなくて1日1ゲームやる気にもならないので、ログインしかしてない状態なんだけど、ログインだけしてても告知は見れるので見てたら、ギルドに参加するだけで石5個とか出てた。これホントに作り直す以外ないほどダメだと思ったわ。運営側からしてみたら、劣化パズドラでクソつまらなくてもSNS要素を強化してハメれば儲かるって方針なんだろうけど、石でもあげなきゃギルドに所属しない方がマシって言う人が出てるようではもう完全崩壊じゃん。たしかに、ギルドに入っちゃうとギルドメンバーとしかつるめないわけで、そしたらよほど強いギルドじゃないと入らない方がマシだし、強いギルドには強い人じゃないと除名されちゃう。だったらギルドを無視してやった方がマシ。ところがギルドに所属しないならゲーム自体がつまらないからやる意味がなくなっていく。さすがパチンコ屋の作ったパクリゲームは全然ダメだわ。その一方で、ぷよクエがダメすぎてパズドラがいかに面白いかを再認識した。そして、パズドラに隠れてあまり面白くなかったケリ姫でさえ、ぷよクエに比べたら圧倒的に面白く感じた。そうしてるうちに、ケリ姫の楽しみ方がわかってきて、さらにイベントも開始して抜けられなくなってきた。本当はメガテンをもっとやりたい。でもメガテンはいつでも出来るわけで、iPhoneのゲームは今やらなきゃって言うイベントが多すぎてはめられる。



 ケリ姫をやる上で重要なことは、どうやったら主人公と仲間達が強くなるのか理解することだ。当初、チュートリアルでMAXボーナスを稼げとか言われて、強い武器が出てもそれを使い続けられずに弱い武器を育成しなければいけないシステムが気に入らなかったが、どんどん強くなっていくと人間のステータスに比べて武器の能力は微々たるものとなっていく。多くの武器を育てた人間は攻撃力が武器の数十倍になってるわけで、今さら強い武器を装備しても弱い武器を装備してもあまり変らない。なるほど、こうやって攻撃力を上げるゲームなのかと理解した。そして、育成とチャレンジを完全に分けて考えて、育成の時はいろんな弱い武器を使い回し、強い敵に挑むときには勝負武器で挑むって事になるわけだな。

 んで、このMAXボーナスが仲間達のパラメーターにどう影響してるのかも理解してようやく育成方針が見えて面白くなった。武器のボーナスはその武器を担当するメンバーの攻撃力しか上がらないので、一種類の武器しか使ってないと強くなるメンバーも一人だけになってしまう。剣担当も杖担当も強くしたいなら、主人公が剣も杖も装備してMAXにしていかなければいけない。メンバー全員育てるなら、全ての武器を育成しなければいけない。一方、アクセサリーは担当者がいないので、MAXにすれば仲間達がみんな強くなる。強い敵に挑もうとするとまずHPが足りないけれど、アクセサリーをどんどん使い回していけば主人公だけじゃなく仲間達もHPが上がっていくという事を、最初はわからなかった。だからわけもわからずいろんなドレスを育成していたが、確かにドレスは攻撃力も体力も上がるが、それは主人公の分だけなんだよ。主人公は仲間達より強くなりがちで、むしろ仲間達を強化しないと強い敵とは戦いにくいんだから、ドレスはボーナスとか期待せずに必要なヤツだけ育成した方が良いみたいだ。

 さてどんなドレスが必要かっていったら、コインをいっぱい貰えるヤツと金箱をいっぱい貰えるヤツだろうな。今回のイベントでコインが貰えるドレスが超絶アップなので、早速ガチャってみたら1発目でイベント対象ドレスが出た。喜んで育成しようとしたら、合成が1回300万コインとかなってて無理だった。このドレスを育成するためにコインをつぎ込んでも、それを回収出来るほどこのドレスは稼げるんだろうか。ゲリラをこなしても数千万コインかけて、ドレスの力だけで数千万稼ぐのは結構大変だと思うんだが。あと初期の頃に金箱ドレスも貰ってたが、これも育てる資金がなくて停滞している。おそらくこれらはレベル自体もうちょっと上がって、稼ぎやすくなってから活躍するんじゃなかろうか。分不相応のアタリガチャだろう。

 ちゃんと育成方針を決めてやってると気軽にレベルアップできない。んで、こっちをやる前にまずこっちだなぁとか、今はこれが優先だなぁとか、いろいろ悩ましくなってきてはまる。アングリーバードに育成をつけただけのゲームだが、育成をどうやるかに面白さを見いだせないと、アングリーバードの作業ゲーになっちゃうんだよな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。