D-1コンテスト

1802 letters | 684 views | コメントする

キン肉マンで加圧トレーニングの事を知り、その後テレビでもやってたので興味を持って、
ググったりし始めて現在にいたるわけだが、その、見たテレビ番組がドリームプレス社ってやつで、
その番組の主な内容はD-1コンテストというダイエットコンテンツだ。
前回は最終回スペシャルで加圧トレーニングもやったのだが、ドラえもんや仕事人の裏だったので、
録画して翌日に見た。



この番組ではいろんなダイエット方法に挑戦しているのだが、
そのたくさんあるダイエット方法のうち、どれに興味を持つかは人それぞれなようで、
あたしの場合はダイエットではなく筋トレにしか興味がなかったので、加圧トレーニングが気になったが、
よその人が最も興味を抱いたのは朝バナナらしい。
あたしの周りの人も朝バナナしかやる気がしないって言ってたし、
番組の方もダイエットを扱う週は森久美子にばっかり時間を割いていることから、
いかに、朝バナナしか受けてないのかが伺える。
加圧トレーニングは、なんせ筋トレだからきつそうなわけで、そう言うのはあまり受けないようだ。
あたしは世間の人達とは全く逆で、テレビでなかなか加圧が入らなくて気になっていたし、
興味がないバナナばっかりやるから録画してたら飛ばしてしまっている。

あたしが加圧トレーニングの次に気になったのは、パンを食べたときは抹茶だか豆乳だか飲めとか、
ピザを食べるときは油をかけて食えとかいう食べ合わせダイエットだ。
それが気になったのは、やはり、どれもカロリーを抑えるダイエットをしているのに、
一人だけ、何か食ったら一緒にもっと何かでカロリーを摂取する方法をやってたからだ。
それもやはり、あたしは面白いと思ったけど、何と一緒に何を食べるか覚えるのが大変ということで、
あまり一般の人には受けなかったらしい。
見てて楽しいのと、実際に自分でやるかは別の話で、そりゃこんなの普通の人はやらないさ。

これらの傾向からわかるのは、世間では体を使うダイエットも頭を使うダイエットも不人気って事。
単純に、朝はバナナしか食べないとかっていうのしか受け入れられない。
そりゃもちろん、運動しないで痩せたら楽だし、バナナ食うだけで痩せたら楽だから、
つらいダイエットより楽なダイエットが受けるのは当然だが、それじゃ楽しくないじゃん。
なんか楽しい事がないと続かないと思うんだよ。
たとえば勉強が楽しいとか、エクササイズが楽しいとかの方が、毎朝バナナ食うより続くと思うんだがね。
まぁ、ダイエットしたい人のほとんどは、痩せ終わったらダイエットもやめるつもりだから、
ずっと続けるようなダイエットは最初から望んでないんだろうし、続くかどうかは関係ないのかもね。

今回のスペシャルでは一日一回油を飲むだけのダイエットが紹介されたが、
これも体や頭を使わないので結構受けるだろうな。
ただ、油は飲むと食欲が抑えられるってだけのようで、それ自体に脂肪燃焼効果はないらしい。
すなわち、食い過ぎの人は食欲を抑えられるからいいが、
あまり食ってないけど極端な運動不足で肝臓がフォアグラな人には効きそうもない。
キャベツを食って先に満腹中枢を刺激しておくとか言うのも紹介されていたが、
それも食べ過ぎな人のための物であって、あたしは外食の一人前の量が食べれないほど小食で、
サラダを残して肉とご飯だけ食べたりするくらいだから、これ以上満腹中枢を刺激する気はない。

結局、健康を維持するには、大食らいは食べる量を減らし、そうでない人は運動するしかないね。
あたしは米国からカフェイン系やせ薬を買って試したい。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。