濃縮20分

1249 letters | 788 views | コメントする

ズンバの50分編には、20分編にないステップとかいろいろあった。
トバゴステップは倍速のがあるし、一番練習したいサンバは50分編にしかない。
ただ、50分編にしかないのは楽しい部分だけでなく、楽しくない部分も50分編だけにある。
ぎゅぎゅっと濃縮した20分編と違って、合間のダラダラできる時間が長い。
クールダウンとストレッチも長いので、40分以降はやる気がしない。
ズンバしかエクササイズDVDが存在しないなら我慢してズンバだけをやるが、
コアリズムも20分編がダラダラしない濃縮20分になってるので、両方を20分ずつやる方が面白い。



サンバはまだ先生と同じステップが出来ないので、本編にはどうせついて行けない。
トバゴは20分編を見ながらでも、勝手に自分で倍速でやるから50分編にこだわらなくて良い。
ツイストは50分編の中でも退屈で、ラテン風じゃないところがイマイチやる気を出せない。
リズムに合わせて格好悪いパンチの練習なんか、やる事自体が屈辱だ。

考えてみると結構50分編は不満が多いのだが、それも20分編が楽しすぎるせいだ。
濃縮された20分編には不満がなく、これの調子で50分を期待したから、その期待が外れたのだ。
すなわち期待しすぎ。
先に見た20分編が、激しく短時間で踊り狂うっていうあたしのニーズに合いすぎだ。
でも、同じ20分編を2回繰り返すってのはさすがにやる気しないから、
ズンバ20分やった後にコア20分やってみるとコアも濃縮されてて楽しいんだな。
コアの後ズンバだと脚がもつれて踊れないから、なるべく体力のあるうちに先にズンバをやって、
脚より腰を使うコアを後からやるってのがちょうど良い。

両方とも、手や足の動きを合わせるだけでなく、笑顔まであわせるようにしている。
こういうのは、笑顔で且つノリノリでやらなきゃいけないと思う。
DVDに出演してる人は、自分のエクササイズのために踊ってるのではなく、
自分の踊りを見せつけて、素人にマネさせるために踊っているわけで、
マネする立場からやってちゃいつまでたっても追いつけないので、
マネさせるぐらいの気持ちで、楽しく、リズムに乗りまくって、大はしゃぎでやっている。

鍛えるとか痩せるとかより、楽しく格好良く踊りたいので、
自分でやりたい踊りがどこに効くかという事は一切気にせず、
50分編を勝手に自分で編集して楽しいだけの20分編を作るのも良いかも。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。