ガンダムバトルロワイヤル#4

連邦とエウーゴで使い慣れた機体はどれもライフル三連射だったので、
ジオン編を始めてみたらザクのマシンガンになかなか慣れることができなかった。
マシンガンは一発ずつの攻撃力が弱く、より多く被弾させないといけなくて、敵を倒すのに時間がかかる。
しかし、ライフルと違ってボタン押しっぱなしで攻撃できるので、回避に専念できるのだ。
そうして逃げ回ってるとゲージを消費しないのですぐに満タンになり、
各ステージ後半でエースが出てくる頃には、スペシャルアタックが2回使えるのでどうにかなる。
おかげで、各ステージのスコアは低いけれども生き残る確率は極めて高く、
序盤で入手する指揮官用ザクでジオン編はクリアできた。
シャア専用機など一つも入手することなく、宇宙専用、地上専用は無視って感じでやってたら、
マシンガンの扱いになれてしまって、結局ザクでずっと進めてしまった。



連邦編やエウーゴ編ではガンダム系の強力なモビルスーツが入手でき、
その分、ビグザムやサイコなどの強い敵と戦うことになるのだが、
ジオン編では基本的に弱いザクで、ザクでも倒せる弱い敵と戦うという感じだった。
途中、ケンプファーを入手していったん乗り換えたのだが、ショットガンの使いにくさで使用をやめる。
スペシャルアタック一発分で戦艦2台を続けて撃墜したりしたので、そこだけは役に立った。

続いてティターンズ編でも、マシンガンを有するハイザックが最初から使えるので、
高評価を狙わなければこの機体でずっといける自信があった。
が、最初のミッションでマークⅡを入手できたから、それに乗って一気にティターンズ編クリア。
サイコガンダムが友軍で出てくれて非常に楽だった。

全軍のエンディングまで行ったら、ハンティングモードなる物が告知された。
でも、そのモードがどこにあるのかわからない。
わからないのであきらめ、成績の悪いミッションと行ってないコースをマークⅡで埋める事にした。
すると、敵モビルスーツ照準を合わせたとき、キャプチャー等と表示されるやつがいる。
そして、ミッション終了後、連邦モビルスーツが入手できた。
ということは、ゼータが欲しいからティターンズの最後のミッションをやりまくればいいんだな。
ということでやりまくったのだが、百式やリックディアスは入手できたがゼータが捕まえられない。
後回しにして、百式でジオン編をやっつけて行こうかと言うところまで。

まだ楽しめている。
長く遊べるゲームでも、飽きてきたとか文句言いながら、あまり面白くなく長く遊ばされてる物が多い中、
こいつはあっという間にエンディングだけど、それは面白くて暇さえあればやってしまった結果にすぎない。
ザクで一年戦争を生き残るのも面白いし、マークⅡでザコを倒しまくるのも面白い。
まだマークⅡでもSランク取れないミッションとかたくさんあるし。
ガンダムのゲームにしてはいいんじゃないかな。

B000HDAMBM
B000HDAMBM

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。