セクハラかどうか気にする

1541 letters | 782 views | コメントする

 もちろん誰でも、他人が嫌がらないように生きなければいけないが、イケメンは普通に生活してたら嫌がられないのに、ブサメンは下手したら生きてるだけで人を嫌がらせる。イケメンは楽しく下ネタを言っても許されてストレスのない生活が出来て、ブサメンは何かしらの軽い発言がセクハラになるかも知れないとびくびくして生活しなければならない。イケメンは堂々と何も気にせず街を歩けるが、ブサメンは服装にも持ち物にも発言にも呼吸にも気をつけないと、セクハラに該当するかも知れないから注意すべき事が多すぎる。そう言う窮屈をブサメンだけに強いるというのは明らかに差別だよね。人を外見で判断して、「あの人がやったらセクハラだ」などと分けちゃうのは差別だ。うんでも嫌な物はしょうがないんだよな。そりゃもともと人には差別の心があるんだから、イケメンなら素敵だけどブサメンならセクハラなのはしょうがない。ただ、そのブサメンのセクハラが、人を嫌がらせようとしてやったわけじゃないんだよな。



 嫌がらせようとして嫌がらせてる人もいるわけで、議会のセクハラ野次は、野次自体が嫌がらせのためにやってるのであって、たまたま女性議員に対して嫌がらせるために行った野次はセクシャルな内容だったのであって、セクシャルな内容が非難されるべきなのではなく、関係のない野次で嫌がらせようとする事、それを仕事だと勘違いしてる議員がみんなダメなんだよ。セクシャルじゃなくても野次で個人的なことの批判してるのは、セクシャルな野次と全くの同罪であって、セクシャルかどうかを区別する必要はない。

 上司にが立場を利用して断り切れない要求をするのはパワハラであって、その中で性的な物だけセクハラかどうかを区別する必要はない。なんで、野次自体が悪いのに、パワハラ自体が悪いのに、セクハラに該当するかどうかを抽出したがるのか。セクハラに該当しない嫌がらせでは騒がないのに、セクハラ専門で騒ぐ人がいるのか。そして、そのセクハラ専門で騒ぐ人に乗せられて、ブサメン差別を正当化して同じセクハラという言葉で傷つける酷い人達が許せない。嫌がらせようとしてやってる人はセクシャルに限らずダメだし、パワハラもセクシャルに限らずダメだし、それをわざとセクシャルだけ抽出したせいで、別に誰も嫌がらせようとはしてないブサメンが生きてるだけで犯罪者扱いって酷すぎるだろ。

 いやイケメンよりブサメンが嫌われるのは仕方ないんだよ。もともと差別はなくせないんだから仕方がない。でも差別を引き起こしているのは何かと言ったら、「世の中のあらゆる不快な現象をセクハラかどうかに分別したがる行為」なんだよ。嫌がらせる行為はセクシャルじゃなくても嫌がらせで良いじゃない。嫌がらせるつもりもないのにただブサメンに生まれただけで、嫌がらせ扱いするのも嫌がらせだろ。「あの人がやったらセクハラ」っていってる人が酷い差別主義者で、人を攻撃して落ち込ませている事を強く認識すべき。人によって嫌がらせになるかならないか変る物については、確かにブサメンの方が嫌なのはしょうがないんだよ。しょうがないけどそれを嫌がらせ扱いするのは差別だ。単に、セクハラかどうかにだけ専門的に騒ぐ人に乗せられて、同じセクハラという言葉だから正しい行為だと思って振りかざし、かえって人を差別してる愚かな行為。

 いやホント差別は本能だからしょうがない。でもセクハラって言葉を使う人が圧倒的に差別だ。使う必要のないこと、区別する必要のないことを、過剰に気にして差別を産む。嫌がらせてはいけないって言う本質から外れて、自分で嫌がらせて何やってるんだ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。