八助で二郎系

1441 letters | 712 views | コメントする

 相変わらず週一で八助だが、100円マックを毎日食べても700円なのにラーメン1回750円という贅沢を選んでいるんだから、もう二度とマックには行くまいとか思っている。その八助で、4月から月ごとメニューを開始するという張り紙が先月からしてあった。それが4月5日に延期され、さらに4月7日に延期されてたので、本当に開始できるかどうかわからないなぁって感じだったが、昨日行ったらちゃんと始まってた。食券販売機の上に写真が飾ってあるのを見ると、どう見ても二郎系だ。いやあたしは二郎系なんて食べたことがないから、どうなれば二郎系なのか正確には把握してないが、なんかモヤシが山盛りな写真だからそりゃ二郎系だろう。もちろん食ってみたが。



 いやその月ごとメニューがどんな内容だとしても、毎月変るならそれを各一回は食べて見ようと決めてたから、二郎系の写真を見て決断したわけじゃない。毎週行ってる八助の新メニューだから食うというただシンプルなことなんだ。でもそれを好きなっちゃいけないんだよ。たとえそれを食べて気に入ったとしても、どうせ今月の限定メニューだから来月からは食べられない。余命一ヶ月の花嫁みたいな物で、もう食べる前から気持ちにストッパーがかかってしまう。しかし余命一ヶ月の花嫁は悲しいけど余命一ヶ月の愛人だったらむしろ都合がいいわけで、毎月新しい愛人が出来てすぐに秘密を墓場に持って行ってくれるってのがこの月ごとメニューだと思えばいい。すなわち本気にならない程度に楽しむべき。あたしとしては現時点でも既に八助に3つの花嫁候補がいて決めかねてるのに、さらに愛人まで出てこられたら何食って良いか迷って困るんだけど、毎週行ってるのに毎週その限定メニューをスルーするのは気になって仕方ないのよ。毎月更新されるなら毎月はじめに一回は愛人を食っておかないと、落ち着いて花嫁を堪能できないって話だ。

 さてその二郎系っぽいやつ。まず麺が違う。いつもの太麺ぐらいなんだけど四角く切ってあるし食感も違う。おつゆは煮干し醤油だが表面の油が大変多く、その油がコーティングして温度を封じ込めてる分すごいアツアツで、いつものペースでフーフー無しの食い方をしてたら舌がヒリヒリちゃったよ。ニンニクもたくさん入ってた。その上にモヤシがどっさり乗ってる訳だが、モヤシだけじゃなく背脂もタップリかけてあって、いつも食ってる花嫁候補の背脂コク煮干しよりうんと多くかかってたから大変良い愛人だった。ただあたしの場合は基本的に小食なわけで、小食のあたしがおつゆも全部飲みたいわけで、それでいてモヤシがタップリだと多すぎるかな。モヤシ自体は大好きで、山岡家がトッピングでモヤシを開始してから必ずモヤシを注文しているくらいなんだけど、そっちも一人では多すぎる量だから一人じゃ行けないんだよね。ちなみに八助は茹でモヤシで山岡家は炒めモヤシ。

 以前は酒粕入りの限定メニューを出してたし、姉妹店で煮干しブラックとかトマトナンタラとかやってたし、今度は月ごとでなんかやろうって話だから、きっと店主が新メニューを考えるのが好きなんじゃなかろうか。そうだとしてもせいぜい季節限定ぐらいだと思うが、月ごとって言ったらよっぽどネタが無いと続かないよ。まぁでも花嫁候補の方は安定しているわけで、さらにどこまで愛人を供給してくれるのか楽しみではある。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。