物欲ダム決壊中

1413 letters | 1066 views | コメントする

 欲しいものはいっぱいあるけど、お金がないから欲しくない。つまりお金さえあれば欲しい。もしくはタダなら貰いたい。そんな物が次から次へ、どんどん思いついて、あれも欲しいこれも欲しいで、全然止まらなくなっている。iPadは高いから、ちょっと安いiPad miniとかiPodとかを考えていたわけで、全部タダだったらやっぱりiPadが欲しいって事でiPadを貰った。そんな状況になるまでは、自分の欲しいものはiPadじゃなかった。すなわち、お金がないからiPadが欲しくなかったわけで、お金さえあれば最初からiPadが欲しかったわけで、自分の懐具合で欲しいものが変わってしまうという事がよくわかった。今日の時点で別に家を建てたいなんて思ってなくても、明日宝くじが当れば急に家を建てたくなるかも知れないんだよ。宝くじが当った後も当る前の欲しいもの具合を維持してれば、そりゃジワジワと一生楽して暮らしていけるのかも知れないが、きっといざ当ってしまったら、欲しいものがガラッと変わっていきなりドバッと使って、あっという間にすっからかんって感じになるんだろう。



 ポイントを現金とかにしちゃうと税金がかかるが、ポイントの時点では税金がかからないという事だったので、ポイントのままで買い物から100%割引に使おうって事で全額Amazonのポイントにしちゃってるわけで、Amazon以外の所では使えない第二のサイフが出来た感じだ。尼券では年金も税金も光熱費も払えないんだから、いくら尼券を稼いでも生活は一切楽にならない。生活は今まで通りだけど、Amazonで買えるような物であれば割りと気軽にいろいろ買えてしまう状況になった。まさしく店の外ではタダの乞食なのに、店の中では上得意様って感じで、Amazonではこれもこれも買うぞと、どんどん欲しいものリストに入れている。あ、カートじゃなくて欲しいものリストね。いかに第二のサイフが稼いでいるとは言えど、それを上回る物欲が発生しているので、いきなりカートは無理で欲しいものリストに行くわけだ。よって、ポイントが入るまでの間、一応、それが本当に欲しいかどうかを考える余裕はある。でも、全部欲しいね。いや、今だから全部欲しいけど、ポイントが入ってなかったら買ってない物ばかりだね。それでも今は欲しいね。こりゃ宝くじが当ったらすぐ使い切っちゃうタイプの人間で間違いない。

 でもみんなそうだと思うんだよ。誰もがもっといろいろ欲しいのに、景気が悪いから無意識に何も欲しがらなくなってる。欲しいものを手に入れたければ働けば良いだけの時代の人は、何でも欲しがっていたんだろうし、今は働いたって暮らしていくのが精一杯だから、あまり欲しがらないようにセーブして生きてるんだよ。だから、今回のポイントのように生活が楽になるわけじゃない別口のサイフを持ったりすると、物欲を我慢したって生活に影響しないんだから、どんどん欲しいものを吐き出しちゃえって事になるわけだ。物を買わないのは景気が悪いせいだし、景気が悪いのも物を買わないせいだ。この状態を打破するのは、景気が悪くても物を買うしかない状況にするしかなく、大人は我慢が効くから全然ダメで、子供を増やして親が金を使わざるを得ない状況にするのがベストなんだよ。やっぱりここで、長年主張している独身貴族税の導入が必要だな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。