MNPの喪が明ける

1666 letters | 2050 views | コメントする

 今月末、docomo回線が契約から90日経過するので、90日間に2回線までという制限を脱し、いよいよdocomoにもう1回線MNPできるんだけど、8月と9月に3万円だったMNPキャッシュバックが今月2万円に減ってるね。今月末か来月末に何かお得なキャンペーンをやって貰わないと、諸経費差し引きで全然儲からない。やっぱりMNPで遊ぶにはタイミングが遅すぎたかね。普通に電話として使う回線の他にMNPで遊ぶように4回線作ったは良いが、あまり遊べないで解約することになるかもね。



 つっても、auで3回線のうち2回線はキャッシュバック4万円の時にMNPして、そのうち一方は受領済。残り1回線はMNPじゃなく新規0円だけど、欲しかった機種を貰ってしかもスマートパスで数万円生み出してるから、たとえauの3回線をMNPせずにそのまま違約金払って解約したとしても、違約金を見込んでまだ黒字だろう。さらにdocomoの2in1で寝かせてる回線については、廃止にしても違約金がかからないから気軽に切れる。だから、トータルでは微妙に儲かってるし別にいいんだけど、こちとら遊びでやってるんだから、その遊びがもう出来ないと思うと残念だよね。別に金に切羽詰まってやってるわけでもないし、キャッシュバックをあてにして生活してるわけでもないし、これは楽しくてやってるわけで、つまりどれだけ儲かるかを楽しむゲームなわけで、もうちょっと勝って楽しみたいなぁ。

 今が一時的にキャッシュバック低いだけで、業界のシステム上、また高額なキャッシュバックの時代に戻らざるを得ないだろうと思ってたんだけど、各社ともMNPのご褒美をキャッシュバックではなく基本料金で引いてきたのが痛い。MNPのユーザーに還元しつつ、しかもMNPばかり繰り返す人には得させない方法としてこれはなかなか名案なので、このまま定着する恐れが多分にある。でも弱点として、今までのようにクソ端末でもMNP乞食共に持って行かせれば0円でも販売した実績ががつくれるっていう売り方が出来てない。クソ端末を捌けない店は新機種を卸して貰えないんだろ。クソ端末を捌けないメーカーは新端末を次々作れないんだろ。どんどん新機種を売っていかないと潰れるんだろ。人気の最新モデルと誰も買わないクソモデルで大きな格差を付けなきゃ、携帯業界のビジネスモデルが破綻するのは目に見えている。MNPのご褒美が機種を問わずで基本料金を引くって事にしてしまったら、今までうまく行ってたクソ端末の処分を今後はどうやってやるつもりなのか、全然アイデアが浮かばない。こう言う理由で、本当に業界が破綻して再編する道へは進まないだろうから、すぐにキャッシュバックが復活するだろうとは思っている。

 でもね、クソ端末を引き取ってくれるMNP乞食共は、どんなにお得でも収支がマイナスじゃ動かないのよ。毎月1000円くらいの料金で7000円くらいのサービスを受けられたら一般の人は喜ぶけど、 乞食目線だとサービスはいらないから収支がプラスにならないといけない。今各社でやってるようなシステムでは業界が潰れるんだという危機感と、MNP乞食が業界に必要なお客様なんだという意識を持って貰わないといけないな。iPhoneで景気の先食いをした分、あとでヒイヒイ言ってるところを助けてあげられるのは乞食だけだよ。むしろiPhoneを売ってないdocomoより、iPhoneを売って他の端末が余っちゃう2社のほうがマズい事になるはず。そのチャンスを生かしたい。

 つーわけで最近は面白くない時代が続いてるけど、今に切羽詰まってキャッシュバックがジャブジャブ湧いて出る時代に戻るだろうと思ってる。戻らないかも知れないが。常時は戻らなくても毎月の月末にだけセールやるスタイルとかにはなるのかもな。先月も4Sを捌いてたみたいだし。何かしらあるだろ。なきゃ困るのは乞食の方じゃなく業界の方だ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。