DSとPSPで比べて

2239 letters | 732 views | コメントする

コピーのゲームで楽しむにあたり、どっちがどれだけ難しいかという話。
そろそろ両方を語れるだろう。



条件としては、現時点で施行されている法律を守りつつ遊ぶということで。
やり方はそれ系の雑誌やムック本で堂々と紹介されているが、
よく見ると、中国からダウンロードしろとは書いてあるが、友達にコピーして貰えとは書かれていない。
コピーゲームの単純所持と個人的使用、中国からの入手は合法だからやり方も書かれていて、
友達にコピーしてあげるとか雑誌が配布するなどは、公衆送信権を侵害するからに書かれていない。
だからそれらの書籍に倣い、ちゃんと法律を守って行うこと。

まず、コピーゲームの入手こそが、最大の難関だろうな。
ダウンロードによる入手を自分でやるのが難しいからと行って、
出来る人にお願いしたり買ったりすると、そのやってあげた人が犯罪になるので、
確実に自分一人の手でダウンロードで入手しないといけないのだが、
そこさえ出来れば、あとはそれほど難しくないんじゃなかろうか。
難しいと言っても、本当に難しいのはウィルスにかからずに目的のファイルを入手することであり、
パソコンやゲーム機が壊れてもどうでもいいなら、書籍の通りにやれば一応初心者でも出来る。
ポート解放もして安全に国産のP2Pを扱うことが出来る人なら、DSでもPSPでも簡単だ。
そうでないなら、より安全に、より簡単に出来る別の方法をとることになる。
PSPだと、ポート解放不要かつ検索すれば出てくるトレントでダウンロードできる。
DSの場合は中国のサイトを探して、場所によってはユーザー登録し、それでもなかなか落ちてこない。
まぁ、DSでもトレントを使えばいいのだが、あまりメジャーな選択じゃない。
入手したコピーゲームは、PSPの方がDSの10倍とかの容量を食うので、HDDがパンパンになる。

次にコピーゲームを動かす環境作りだ。
DSはマジコンを買って、マジコンの中のソフトを自分で更新するが、コピーするだけの簡単な物が多い。
どれを買えばいいかで迷うことはあっても、買った物の使い方がわからない事は少ないはずだ。
あえて難しいことがあるとすれば、DS本体が売り切れて入手困難なことぐらいか。
PSPは特殊な機械を使わず、PSP本体のソフトを入れ替えて遊ぶのだが、
本体のバグを利用してインストールするのでかなり複雑な上、バグ修正が行われていない本体が必要。
PSP単独でこの作業が出来る本体はもうかなり入手困難なので、
改造済みの本体を買うか、改造用のGTAを持ってる人に金を払って代行して貰うことになるかも。
たぶん代行はファームウェアの公衆送信権を侵害するので、それもナシということで。
DSの入手困難なんて、予約しておけば必ず手に入るので、これからどんどん楽になるが、
PSPでバグが残ってる古いバージョンはもう生産されないので、入手はどんどん難しくなる。

ここまで乗り越えれば、あとはSDカードなりメモリースティックなりにコピーのゲームを入れれば動く。
DSもPSPも、本当にただコピーのゲームを動かすだけしか望まなければ、これでお終い。
DSならマジコンの設定、PSPならリカバリーモードの設定をいじる人はお終いじゃない。
ゲームの容量がかさばるからって、容量削減のために小細工するならまだ手間はかかる。
チート機能も動作させようとしたり、スキンを変えたり、スクリーンショット撮ったりも手間がかかる。
エミュはPCでやってるので、DSやPSPでやる方法は知らない。

ゲームよりもコピーが面白い人にとっては、どっちも楽しい作業なので両方やってみるといい。
単に金が無くてタダでゲームしたい人は、どっちもやめた方が良い。
大容量のメモリーとかマジコンとかに金をかけて、ウィルスで破壊するリスクを冒し、
それでもうまくいかないくて、普通にゲームを買った方が安かったということは往々にしてある。
出来る友達にやって貰えば楽だが、そのやってあげた友達が犯罪になる場合があるのでやめた方が良い。
どうしてもどちらか一方っていうなら、簡単でゲームが豊富で容量食わないDSマジコン買ってみればいい。
それで出来そうだったら、古いバージョンのPSPを探してみて、見つけたらソッコー買えばいい。

ちなみに、ゲーム機はソフトの売り上げで稼ぐために、本体は採算とらないで売っているらしく、
本体だけ買ってゲームを買わないなんて事をすると、任天堂やソニーは赤字になるらしい。
中古しか買わない人にも当てはまるが。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。