またrNoteに細工を施す

883 letters | 658 views | コメントする

rNoteはMT見たいに静的ファイルを生成せず、
URLを.htaccessでいじって、静的ファイルがあるかのように見せかけている。
本家サイトに見せかけの静的表示の方法が書いてあり、
スクリプトがはじめからそれをサポートしているわけだが、
たしかにカテゴリや個別エントリーは静的表示できる。
しかし月別や日別が静的表示出来ない状態なので、
動的URLを何個か経由しないとたどり着けない静的URLが出来てしまうわけだ。
スラッシュで終わるURLはカテゴリ、.htmで終わるURLはエントリー、
では、日付はどうやって静的表示にしようかと試行錯誤し、
意外と簡単に現在のような表示方法に改造できた。



まず、dという名前のフォルダを作り、中に.htaccessを置く。
RewriteEngine on
RewriteRule ^((.+)(/))$ /rnote.php?d=$2&%{QUERY_STRING} [L]
次にrnote.phpのMakeLinkUrl関数を一行変更。
if($query[‘d’]) $q[]=’d=’.$query[‘d’];

if($query[‘d’]) $base .= ‘d/’.$query[‘d’].’/’;

これで、http://wantech.ikuto.com/d/2005-07-24/というURLが、
http://wantech.ikuto.com/?d=2005-07-24にリダイレクトされるようになった。

こうして改造箇所を書いておかないと、
スクリプトがバージョンアップしたときに自分でわからなくなるから私的メモ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。