Sプレミア未練なし

ワサコレの月例グランプリで、プレミア1000位未経験なのにSプレミア868位に行けた。
最高で300位以内まで浮上したものの、後半は同じくらいの順位の人と当たる事になってるので、
順当に負け続けて落ち続けたが、ラスト2連勝でギリギリ1000位に入ってエナボ獲得。
香川が最高コスト33であとは30から32で揃えたチームは、その順位ではかなり弱い方だ。
たいがいコスト38ぐらいのFWがいて、プラス選手594が複数いるのに、
コスト32のCFで格上と良い勝負してるから申し訳ない。



運で勝っただけのくせに大口叩くが、低コストで高コストと渡り合った作戦を書いておく。
事前のフレマでは、ボールの奪い合いが一番重要だと感じ、チェイシングを多く入れようと思った。
だから4バック。
ウィングがドリブル突破しても得点につながりにくいので、ウィングもスルーパス要員。
本当はクロス持ちがいればもっと良かったと思うがいないし。
ドライブシュートも今回はそこそこ決まったが、弾丸持ちいないから仕方なくだ。
この順位にいる人はガチャしまくっていろんな特徴の選手を揃えた上で、
組み合わせを研究して望んでいるとは思うが、うちはあり合わせの選手を並べるだけだ。
誰を出せば強いかなんて選ぶ余裕はなく、唯一、ザキオカを外したと言うことが成功かな。
あとスルーパス持ちのOMFはたくさん持ってるけど、守備重視のシュバインとドライブのエリクセン。
こんな感じでやったが、どこが上手く機能して1000位に入れたかはダイジェストだからわからない。
単にラカゼットがコスト以上の大物だったか、シュバインがOMFで刈りまくったか、
ウィングのドリブルなしでスルーパスという作戦がフィットしたか。
結果を見るとやたらシュート外してるから、ラカゼットが宇宙開拓専門なのは間違いない。
それでも勝てちゃうって事はシュートチャンスを作りまくったんだよ。
まさしくチェイシングしまくってスルーパスしまくって、やみくもにシュート。
精度よりも本数を優先して、☆5イブラ594をラカゼットに食わせ、腕試ししたらこれだわ。

Sプレミアに残ってももうなんにも良いことはないので、なるべくプレミアに落ちていたい。
プレミアの優勝回数エンブレムと、グランプリ1000位と、あと得点王も取れたら欲しい。
どんどんインフレするので早い方がよく、今回は調節ミスってSプレミアなのが悔やまれる。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。